グランドール王国再生録 破滅の悪役王女ですが救国エンドをお望みです (角川ビーンズ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.44
  • (3)
  • (5)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 39
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041109595

作品紹介・あらすじ

乙女ゲームの悪役王女・ヴィオレッタに転生した経営コンサルタントの茉莉。
悲惨な処刑エンドを回避したいだけなのに、前職(世)のスキルが火を噴いて、その言動がことごとく王国再生のきっかけに!?
しかも攻略キャラたちには懐かれ忠誠を誓われ、正ヒーローの王子・レナルドには「俺が相手じゃ、あんたは嫌か?」ってそんなシナリオ改変はいりません!
悪の王女の人生やり直し、二度目の人生はハッピーエンド、なるか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 事前にネタバレでラルスが黒幕って知ってはいたけど、まさか彼も転生者でましてやこの世界のゲーム制作者だとは思わなんだ。
    ラルスの急な悪役ぶりがなんかホント急すぎてちょっとーーー!って感じ。
    なんかあの優しさ?とかも嘘だったんだーとか思うと悲しい。
    まぁ、人生をキャラとしか捉えてないからゲームの中の人としか思ってないだけなんだろうけど。どんな本読んでもこういう人は狂気だな。

  • 異世界転生の悪役令嬢もの?

    どうも、石鹸できたら伝染病解決?こんな性格ないだろう?とか、王族が自由に下町とか?、ラストコレ?とか納得できない展開や小道具のオンパレード。
    ラストまで読める文章でしたが没頭できませんでした。

  • シナリオから逸脱しまくってるのに主人公がシナリオを気にしすぎているのが不思議でしたが、それはさておき、落とし所が微妙な感じで、しかも唐突に終わって、このあとどうなるのか、気になるーー!
    忙しいはずなんだけど、それが文面から伝わってこなかったり、そこまでコンサルしてた?って疑問もあるけど、職業体験的な楽しみとか、意外な展開とかもあって、よかったです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京都在住。投稿作『外面姫と月影の誓約』で第11回ビーンズ小説大賞奨励賞を受賞してデビュー。他シリーズに「仮面婚約のたしなみ」がある。

「2022年 『元魔王の転生令嬢は世界征服よりも恋がしたい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

麻木琴加の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×