東京をんな語り (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.14
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041109694

作品紹介・あらすじ

白い彼岸花を見た余韻を引きずりながら、青山タクシー幽霊の足取りを辿るため浅草に向かった著者。それを発端に都内各所を廻るうち、因縁の歴史を生きた女たちと同一化していく錯覚に陥っていく……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ホラーのような、悪女伝のような不思議な作品でしたね。

    理不尽の中で生きてきた悪女と呼ばれた女性たちの代弁するような物語。

    読み終わった後に湿った雨の匂いがするような気持がしましたね。

  • あちらとこちらを行ったり来たりする構成がとても素敵!
    三大毒婦についても、東京についても勉強になり知的好奇心も刺激されて楽しいです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

川奈まり子 (かわな・まりこ)

『義母の艶香』で小説家デビュー。実話怪談では「実話奇譚」シリーズ『呪情』『夜葬』『奈落』『怨色』『蠱惑』、「一〇八怪談」シリーズ『夜叉』『鬼姫』のほか、『八王子怪談』『実話怪談 穢死』『赤い地獄』『実話怪談 出没地帯』『迷家奇譚』『少年奇譚』『少女奇譚』など。共著に「怪談四十九夜」「瞬殺怪談」「現代怪談 地獄めぐり」各シリーズ、『実話怪談 犬鳴村』『FKB 怪談遊戯』『嫐 怪談実話二人衆』『女之怪談 実話系ホラーアンソロジー』『怪談五色 破戒』など。TABLO(http://tablo.jp/)とTOCANA(http://tocana.jp/)で実話奇譚を連載中。

「2021年 『一〇八怪談 飛縁魔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川奈まり子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
深津さくら
雨穴
川奈まり子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×