うちの執事に願ったならば EX (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.64
  • (3)
  • (10)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 126
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041109717

作品紹介・あらすじ

凸凹すれ違い主従の物語、遂に完結! ある休日。自分のメモの指示通りにしなかった衣更月を花穎は咎めるが……? 鳳と衣更月のやり取りや、赤目と祖父の確執など、キャラクター勢揃いの超豪華な番外編!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 不本意主従は時期によって距離感変わるけど、どの時代も面白い。尊いとかより「申しわけないけど傍から見てるぶんには面白い」というのがこの二人に対する主たる感情です。
    それにしても鳳さんがスーパー執事すぎてこわい。悪魔で執事に対抗できるんじゃなかろうか。

  • 面白かった。このシリーズも終わりかあ。残念。

  • 文庫の挟み込みペーパーや著者ブログ・ツイッターなどで発表された短編を収録。
    書き下ろしも2篇入っているので、今迄の短編を全て読んだ人にも読んで欲しい。
    時系列が古い順に収録されているので、以前の作品を思い出しつつ、お互いに良い距離感になる二人の様子を見守っている気分になる。

  • あちこちに書かれたものの再録が多い短編集なので時系列がまちまちな感じ。
    なので花穎と衣更月の距離感とかもまちまち。
    数ページで終わる話ばかりなので、さらっとしていて読みやすいものが多い。相変わらずの仲良し主従です。

  • こんな世界は現実にあるのでしょうか?

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

茨城県出身。芝浦工業大学工学部機械工学科卒業。1999年『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー。著作に、デビュー作を始めとする「薬屋探偵」シリーズ、「ドルチェ・ヴィスタ」シリーズ、「フェンネル大陸」シリーズ(以上、講談社)などがある。2019年5月に「うちの執事が言うことには」が映画化された。

「2022年 『雨宮兄弟の骨董事件簿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高里椎奈の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×