スーパーのお兄さん (2) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041110089

作品紹介・あらすじ

とある地方に住んでいる、高校3年生の田中ミチル。“店長”として地元スーパーの経営を担うことになったミチルは、仲間とスーパーを立て直そうとするが……!? スーパーをめぐるドタバタコメディ、ここに完結!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どうしたらスーパーにお客が集まってくれるのか、どうしたら経営は立て直せるのかという点をコメディタッチに描いた本作
    まあ、コメディと表現するには灰庭とかアクの強すぎるキャラも居たりするのだけど。
    ダチョウ推しというだけでもキャラが立っているのに、夜のプールに忍び込み泳いだ後にバニラエッセンスを嗅いでたとか唯一無二の経験過ぎるよ(笑)


    そして思った以上にイイハナシダナー風に纏まった点は驚き
    ミチルは大学進学を目指していた中で突然店長を任された身であるだけに自分の人生を店に捧げるつもりであったかと言えばそうではない
    それが示されたのが自由の身になった事を契機に再び大学進学を目指す第25話だね。この辺りは彼の偽らざる本心なのだろうなぁ
    だからこそ、最終話で再び店長を任される展開はちょっと笑ってしまったけど。

    店への愛着を自覚し、自分に出来ることを見つめ直した上で2号店の店長となったミチル。ラストページのモノローグには彼の成長が見えるようだったね

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

■行徒・・・・・・「学園革命伝ミツルギ」(ジャイブ)で大ヒットを飛ばし、その後は原作:河田雄志、絵:行徒の名義で「ヴァン・ヘルシング」(ジャンプ改)、「ドン・キホーテ憂い顔の騎士その愛」(@バンチ)、「ねこがあらわれた!」(徳間書店)など数多くの作品を執筆。「北斗の拳イチゴ味」の巻末外道伝や本書内の「北斗の拳インターナショナル」など担当。

「2018年 『北斗の拳 BBQ味』 で使われていた紹介文から引用しています。」

行徒の作品

スーパーのお兄さん (2) (角川コミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×