転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件2 (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.55
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 88
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041110461

作品紹介・あらすじ

隼人と再開してから猫かぶりが剥がれつつある春希。クラスの女友達も増えて賑やかになる一方で隼人との時間が減ってしまって……。「親友」のはずなのに、もっと相手の「特別」になりたくなる。青春ラブコメ第2弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 転校によって慣れない生活を送る隼人と、彼との再会の影響で外でも素の自分が出てしまうようになった春希に、それぞれ気の置けない友人が出来る今回。一方、そのことによって二人で過ごす時間が減ってしまうことが、二人の関係を改めて見つめなすことに繋がっていて…という展開がとてもエモい。お互いがお互いの『特別』になりたい。なんて素敵なことでしょうか。友情から始まった二人の関係にどんな未来が待っているのか。続きがとても楽しみです。

  • 過去に何かあったみたいだが、海童君がいい奴だった。隼人や春希の扱いが冷たくて不憫な気もしたが。

    春希の母親が出てきて、二階堂家のことについても少しずつ明かされてくるのか。

  • ハルキ、かわいそう。。あとは姫子は一輝のことはなんとも思わないんですね、、と言うのがちょっと意外でした。

  • 微妙に暗いんが残念やな。

全5件中 1 - 5件を表示

雲雀湯の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×