生きるために本当に大切なこと (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041110621

作品紹介・あらすじ

立教大学名誉教授、自由学園最高学部学部長、元立教新座中学校・高等学校校長の渡辺憲司は、2011年3月、立教新座高等学校の卒業式が中止となり、卒業生へのメッセージをインターネット上に公開した。TwitterをはじめネットやSNSで話題となり、3月16日の一日だけで30万ページビュー、合計で80万回以上の接続数を記録。その力強く優しいメッセージに老若男女が感動した。2020年3月、自由学園最高学部長ブログ146回「今本当のやさしさが問われている コロナ対策に向けて」が再び話題に。本書は当時のメッセージを再録しブログ原稿を採録、書下ろしを加えて再編成した。混迷の時代に、生きることの意味を問う、多くの気づきと自信を与えてくれる人生哲学書。
【本書の一部を紹介】
誤解を恐れずに、あえて、象徴的に云おう。
 大学に行くとは、「海を見る自由」を得るためなのではないか。
 言葉を変えるならば、「立ち止まる自由」を得るためではないかと思う。現実を直視する自由だと言い換えてもいい。(略)
時に、孤独を直視せよ。海原の前に一人立て。自分の夢が何であるか。海に向かって問え。青春とは、孤独を直視することなのだ。直視の自由を得ることなのだ。大学に行くということの豊潤さを、自由の時に変えるのだ。
(本書「卒業式を中止した立教新座高校三年生諸君へ。」より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • けんちゃんありがとう。
    あなたは最高の師です。

  • 恩師の本。
    最後の授業、心に刻みました。
    弱さと痛みをわかる、他人に寄り添える紳士になりたい

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

渡辺 憲司
立教大学名誉教授。
立教大学大学院文学研究科博士課程単位取得後退学。博士(文学)九州大学。
教師歴50年を超える大ベテラン。専門は日本近世文学。
横浜市立横浜商業高等学校定時制、私立武蔵高等学校中学校、梅光女学院大学短期大学部(現梅光学院大学)、梅光女学院大学(現・梅光学院大学)、立教大学、立教新座中学校・高等学校校長、自由学園最高学部学部長と、さまざまな学校で教えた経験を持つ。
立教新座中学校・高等学校校長時に起きた、東日本大震災を受けて、卒業生へ向けたメッセージが大評判となる。著者多数。TV,ラジオ出演多数。

小林実
十文字学園女子大学 教育人文学部文芸文化学科 教授
立教大学大学院博士課程後期課程単位取得後退学。専門は日本文学。
大学新入生のガイダンスを長年担当しており、リアルな学生の悩みと本音を熟知している。



「2021年 『高校生しなくてもいいこと 学校、友だち、自分に悩むあなたへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺憲司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
瀬尾まいこ
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×