妖魔と下僕の契約条件 2 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.76
  • (6)
  • (18)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 185
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041110669

作品紹介・あらすじ

不幸体質な浪人生の正路は、美貌の妖魔・司野に命を救われ、彼の営む骨とう品店でバイトしつつ居候することに。恋愛運が上がる品を販売していると話題になり、取材したいとライターの女性がやってきて……

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 少しずつ司野のこと知る。
    その喜びが、主人公の喜びであり読者の喜びにつながる、っていう作品

    2023.8.26
    137

  • (2)店の商品には付喪神が宿っており、相性のいい客には
    幸運をもたらすという。
    そこに厄介な客が飛び込んできて・・・?

    なんとなく関係的な方向性が透けて見えて萎えました。
    BL描写入れる必要あったのかなぁ??(-。-;)

  • 以前の妖僕と少しづつ違っているので、AZノベルズのもの読んでみたくなってきた・・・がどこにしまったやら(笑)。

  • 店の取材をしたい、という記者が現れた。

    根付で彼氏ができた! という女子高生の噂は
    すごいものがあるな、と(笑)
    そしてやってくる厄介な人。
    どうなるのか、と思っていたら、徐々に徐々に…で
    最終、驚きの繋がり(?)が。
    いや、まさか双方が解決するとは…でした。
    虎穴に、とは言いますが、完全に怪しいので
    最悪の事を考えて支度して…でないと
    その穴は入ってはいけないかと。

    というのもありますが、全てが全て
    きれいに使われてました。
    あれもこれも、小話ではなかったのがすごい…!

  • 1.2巻読了。不思議なファンタジー設定ですが、二人の関係もその殺伐さのわりにほのぼのしていて、関係が深まっていくのが可愛らしい。司野が妖魔なんだけど人間に寄り添う部分も多くあって、不思議な魅力溢れる存在になってます。

  • ライターの女性編。

    やっぱりノベルズ版からかなり詳しい内容になってる。エピソードも色々あってなるほど。

    あと、忘暁堂の以前の店主は既に亡くなってるのかな?ちょっとよく分からない。

  • 「適切な出会い、不適切な出会い」
    噂になった店に。
    酷い対応に慣れているのだろうが、本当に迷惑だと思われてると気付かないものなのか。

    「天に昇る音」
    聞こえた旋律は。
    当時は嫌なことだと思っていても、年月が経つと想い出の一つになるのかもしれないな。

    「心のほころび」
    再びやって来た。
    始めから礼儀正しく接していれば、機嫌を損ねることもなく普通に話せたのではないか。

    「絡まる糸」
    終われ逃げ出し。
    相応の覚悟を決めて追っていただろうが、実際に命の危機になると恐怖が凄いだろうな。

    「意趣返し」
    何一つ反省せず。
    自分達の罪が暴かれない事を嬉々として、神様に護られているなんて勘違いし過ぎだろ。

  • 陰陽師の下僕だった妖魔を主とすることになってしまった正路。妖魔の司野との不思議な同居に、??と思いつついろんな事態にドキドキしてしまう。

    由美子さんって好きだなぁ

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

作家。監察医。講談社ホワイトハート「人買奇談」にてデビュー。代表作は「鬼籍通覧」シリーズ、「奇談」シリーズ(講談社)、「最後の晩ごはん」(KADOKAWA)、「時をかける眼鏡」(集英社)など多数。

「2023年 『妖魔と下僕の契約条件 5』 で使われていた紹介文から引用しています。」

椹野道流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×