いいとしを

  • KADOKAWA
3.83
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 107
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041110683

作品紹介・あらすじ

一人暮しを満喫していたバツイチ、42歳の灰田俊夫は、母の他界を機に東京都下に住む父と同居することに。久しぶりに帰った実家で、母の遺した500万円を見付け、何に使うか頭を悩ませるが……。
2度目の東京オリンピックにコロナ禍……揺れる世界で、父(72歳)と子(42歳)の二人暮らしはつづいていく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 四十過ぎの独身男性が実家に戻り、父親と二人暮しするお話。おじさんとおじいさんの親子って距離感が想像つかないけど、本当にこんな感じそう。何もかもがリアルだった。介護、自分の未来への思い、オリンピック、コロナ禍も描かれてる。今ある日常だっていつなくなるかわからないんだよなあと、当たり前のことなんだけど思い出した。ゆるく淡々とした雰囲気の中に少し切なさも感じた。

  • 40代で実家の母の死をきっかけに、電車で40分の実家に戻ることにした主人公。彼女には告げずだったことでフラれ。70代の父との同居がはじまり。まだしっかりしているものの、ふとした瞬間に、これで倒れられたりしたら、俺が介護するのかな、みんなそういうのいつ覚悟するんだろうとつぶやいていたりして。会社でも、子供のいる同僚にチャンスをゆずれと圧力をかけられたり。なにがどうスパッと解決するとかもなく、ゆるゆると日常がつづき、いつまでも決定的なことは先延ばしできたらなとうっすら思いつつ。死ぬまでにやりたいことをと、父がかっこいいバイクを買ってきて、二人で疾走するけれども、ある意味ふたりとも吹っ切れた感がありで。

  • 500万は無いけれど、身につまされる話だわ。

全3件中 1 - 3件を表示

オカヤ・イヅミの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
はるな 檸檬
ショーン・タン
テッド・チャン
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×