いのちを守る 医療時代小説傑作選 (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.00
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 42
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041110737

作品紹介・あらすじ

藤沢周平、山本一力他、人気作家が勢揃い!鍼灸師、獄医、女医者……。確かな技術と信念で患者と向き合った、江戸の医者たちの奮闘を描く。読む人の心を癒やす、まったく新しい時代小説アンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【収録作品】「衣替え」(朝日文庫『たすけ鍼 立夏の水菓子』)山本一力/「女牢」(講談社文庫『新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え㈠』)藤沢周平/「名医」(角川文庫『口入れ屋おふく 昨日みた夢』)宇江佐真理/「蜻火」(双葉文庫『藍染袴お匙帖 風光る』)藤原緋沙子/「かさぶた宗建」(講談社文庫『長崎ロシア遊女館』)渡部淳一

    いずれも古い。価値観に納得がいかず、シリーズものながら、どれも読みたいと思わなかった。

  • 2021年3月角川文庫刊。医療時代小説アンソロジー。衣替え-たすけ鍼立夏の水菓子:山本一力、女牢-春秋の檻獄医立花登手控え(一):藤沢周平、名医-口入れ屋おふく昨日見た夢:宇江佐真理、蜻火-藍染袴お匙帖風光る:藤原緋沙子、かさぶた宗建-長崎ロシア遊女館:渡辺淳一、の5つの短編を収録。渡辺さん以外は既読でしたが、夢中になりました。染谷さんは頼りになるし、登の一本気な考えには頭が下がるし、おふくの明るく素直な様には誰もが救われます。藍染袴お匙帖の始まりがこうだったとかいうのも感慨深かったです。

  • 試行錯誤で医療を確立してくださった方々に感謝!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1949年函館生まれ。95年、「幻の声」で第75回オール讀物新人賞を受賞しデビュー。2000年に『深川恋物語』で第21回吉川英治文学新人賞、翌01年には『余寒の雪』で第7回中山義秀文学賞を受賞。江戸の市井人情を細やかに描いて人気を博す。著書に『おぅねぇすてぃ』『十日えびす』『高砂』(すべて祥伝社文庫)他多数。15年11月逝去。

「2023年 『ほら吹き茂平 <新装版>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇江佐真理の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×