ムーンライト・イン

著者 :
  • KADOKAWA
3.68
  • (37)
  • (105)
  • (91)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 904
感想 : 90
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041110782

作品紹介・あらすじ

「わかっちゃった。あなたもムーンライト・フリット(夜逃げ)でしょ」。人生の曲がり角、遅れてやってきた夏休みのような時間に、巡り合った男女。高原に建つ「ムーンライト・イン」で、静かな共同生活が始まる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 予想と違ってお別れの話なのに何故か清々しい。再会が予想出来るからか? だがこの後予想通りに上手く行くかは誰にも分からない。また始まりに戻って袋小路に嵌まるかも知れない。再会出来ないかも知れない。けれどそれぞれの旅立ちがそこにある。

    元ペンションだった家で共同生活をすることになった五人の老若男女。家主の老人・虹之助、車椅子の老女・かおる、介護士の塔子、フィリピン人で看護師資格を持つマリー・ジョイ、自転車で旅する拓海。
    虹之助以外、皆が何かから逃げてきて何かに抑圧されている。それだけにそれぞれが距離感を保ち、それでいて暗黙の連帯感もある。
    虹之助の家での程よい解放感と緊張感。しかしその夏休みのような日々はやがて終わりを迎える。

    それぞれが抱える鬱屈が分かると苦しい。
    ジェンダー問題を提起したいわけではないだろうが、女性だから見下され女性だから侮られというシーンが多い。そしてマリー・ジョイもまた外国人だから辛い目に遭い、その元を辿れば男性の無責任さに繋がっている。
    そんな嫌な男性と真逆な虹之助と拓海だが、どこか頼りない。お気楽な虹之助と自分が心許なくて言いたいことが伝えられない拓海。
    二組のカップルの行方が気になる。

    後半から終盤はみんなの行く末が気になって仕方なかった。マリー・ジョイの涙、かおるの叫び、どちらも胸に突き刺さった。塔子の息子を巡っての様々な苦しい思いも理解出来る。
    みんなの問題や鬱屈が完全に晴れたわけではない。多分一部はずっと抱えながら生きていくのだろう。

    いつかは旅立つ場所と分かっていても寂しい。だが拓海が言うように『実家』のように折々に訪ねていける、いざとなれば帰る場所があると思うだけでも心の支えになるのだろう。
    またみんなが再会する日は来るだろうか。

  • 人生で行き詰まった時、避難できる場所があるととても助かる。がんじがらめになった自分を温かく受け入れてくれる。それだけで心から安堵できる。
    しかも景色も良くて食べ物も美味しくて、一緒に暮らす人達もいい人達ばかり。
    そんな居心地の良い場所があれば、もう言うことはない。

    トラブルを抱えた人達が夜逃げ同然に駆け込んだ先で、ひっそりと穏やかに住まいと時間をシェアする共同生活。
    それぞれの悩みも取り敢えずは脇に置いて、互いに束縛することなく楽しく暮らす。
    けれど、それはあくまでも一時避難でしかない。
    いくら居心地が良くても、どんなに楽しくても、長く居着くことはない。長くは続かない。
    束の間の長期休暇を終えると、帰るべき場所へ戻っていく者もいれば新天地へと旅立つ者もいる。
    休暇っていずれ終わりが来るから休暇なんだな。
    終わりが来ないと、それは日常生活になってしまって、楽しめる場ではなくなってしまう。

    「いつでも戻っておいで」
    そう言って自分を温かく迎え入れてくれる人がいることの心強さ。
    日常に疲れてまた現実逃避したくなったら、いつでも戻れる場所がある。そんな居場所を持っていることは、日常を生きる上での励みになるはずだ。
    夢のようなひと時とは、あくまでも夢であって現実ではない。

    それにしても、男性ってロマンチストなのね…。一時の感情に走れる生き物なんだ。
    女性の方がよっぽど冷静に現実的に物事を捉えている…まぁそれもちょっと淋しいけれどね。
    フィリピン人のマリー・ジョイがいい味出していて、最後まで楽しませてくれて物語全体を救ってくれた感じ。
    かおるさんはマリー・ジョイの読み通り、いつか虹サンの元へ戻ってくるかな。

  • かつては賑やかだった元ペンション「ムーンライト・イン」
    雨の夜にずぶ濡れでドアをノックをしたのは フリーターの拓海、35歳。

    そこでは、70代のオーナー・虹之助 と 女性三人が共同生活をしていた。
    80代のかおる、50代の塔子、フィリピンから来た20代のマリー・ジョイ。
    三人はそれぞれ秘密を持ち、事情を抱えて、ここへ逃げてきていたのだ。

    雨をしのぐため、一晩だけ泊めてもらうはずだった拓海だが
    怪我をして治療が必要になり、四人目の同居人になる。
    「マリー・ジョイ、わかっちゃった。
    あなたもムーンライト・フリット(夜逃げ)でしょ?」

    年齢も性別もバラバラな五人が、それぞれ役割分担をして暮らす。
    適度に一人になれて、適度に他人が身近にいる居心地の良さ。
    高原の美しい景色と 採れたての新鮮な野菜。
    まるで天国のような平和な世界での静かな生活。
    そこでは不思議な調和が保たれていた。

    しかし、逃避の原因になった現実が消えたわけではない。
    パワハラ、セクハラ、家族の意見の相違、外国人技能実習生の問題など。
    女性たちは、いつまでもこの「休み」が続くことはないと認識し
    ここでの安らぎを力に、再生への道を探り始める。
    一方、男性二人が夢を見つづけようとする姿は対極的で面白い。

    とりわけ、フィリピンの若い女性、マリー・ジョイには拍手。
    彼女はずっと、元気で楽しくて素敵だったけれど
    最後のシーンは、あっぱれ!!としか言いようがない。

    手に負えないことから いったん逃げて休んで。
    そんな場所と時間があったら、人はもっと元気になれるかも…ね。

  • お互いが特技を出し合い

    生活が回っていく

    とても夢のある

    共同生活



    こんな生活が長く続けばなー

    と思うんですが

    やはり 問題から

    目を背け続けるわけには

    いかなくて

    決着をつけていくと

    理想の輪は終わってしまうんですが



    その先にもまた

    新しい輪が始まる予感を

    感じさせます

  • いろんな「事情」をかかえた他人同士5人が共同生活を送る話。
    現実にもこういう、人には軽く言えない事情をかかえている人多そう…

    マリー・ジョイと拓海のやりとりがほほえましかった。ちょっと展開早いなあと思ったけど、まあお互いいい大人なんだしいいでしょう、と。

    お互い事情があるのを、なんとなく察していて、だけど詳しくは聞けなくて、自分のことも詳しく話せなくて、っていうの、わかるなぁ。
    だけどだからといって距離をとるのではなく、お互い事情があるからこそ、ほどほどに思いやって、気心が知れているのは、過ごしやすそうだなと思った。

    かおるさんが最後あの決断をしたのはよくわからなかったな。まだまだ私の人生の経験が足りないからかな…

  • 『ムーンライト・イン』中島京子著 どうしたって幸福になりたい生き物 | 47NEWS
    https://nordot.app/745402571060215808?c=39546741839462401

    「ムーンライト・イン」 中島 京子[文芸書] - KADOKAWA
    https://www.kadokawa.co.jp/product/322010000474/

  • 高原(清里あたりと思われる)のかつてのペンションを舞台にした物語。それぞれに事情を抱えた人が暮らすこのペンションにやはり事情を抱え流れ着いた拓海(35)。年齢も国籍もばらばらでそれぞれが何かを抱えた5人の男女の話だが、高原の爽やかな空気や雄大な自然がそうさせるのか、どろどろした感じはなく、淡々と話の進んでいく感じが良かった。登場人物のうち、1人だけ外国籍の「マリー・ジョー」の拙い日本語が非常に上手く描かれているなと思った。とても絶妙な終わり方で、読後感も良い。

  •  関東近郊の高原にある仕舞屋ペンション(?)が舞台の群像劇。12章からなる。

          * * * * *

     やはりうまいなあと思いました。

     その古びた建物の名称は「ムーンライト・イン」。かつてペンションだったそこは現在シェアハウスになっています。

     家主は人の良さそうな老紳士ですが、入居者の3人は皆いわくありげです。老・中・若と年齢がバラバラの女性たち。
     そこに紛れ込んできたバックパッカーの男。35歳にもなって根無し草人生と、この男もやはりいわくがありそうです。
     ということで、つかみはバッチリの幕開け。

     結局全員が逃亡人生で「ムーンライト フリット」(夜逃げ)となって「ムーンライト・イン」に集結したというよくできた設定。

     それぞれが抱える事情はミステリー小説のような深刻極まるものではないのだけれど、それが却って身近に感じられるところも、物語の魅力のひとつになっています。

     逃亡人生には必ず終わりが来るもので、この4人にも清算の日がやってきます。そのクライマックスへの持って行き方も絶妙でした。ミステリー小説でもないのに何かドキドキします。

     クライマックスでかおるさんが虹さんのもとを去り長年にわたる純愛が潰えたかと見せておいて、エピローグでマリー・ジョイにさり気なく謎解きをさせ、さらにそのマリー・ジョイと拓海の仲を成就させてしまうエンディング。いやまったく最高のデザートでした。

     個人的にはすごく好みの作品です。

  • 虹さんがかつてペンションを営んでいたムーンライトイン。そこに集まり、一時を一緒に過ごすこととなった虹さん、拓海、マリー・ジョイ、塔子さん、かおるさん。その5人それぞれにドラマがあり、その様がとても面白かった!今後のこの5人の行方をまだまだみたい、そんな物語です。

  • 著者のベスト本、更新しました!
    人はいつになっても、何かを抱えて生きているもの。
    若くても年老いても。
    3世代の女性、それぞれにとても魅力的で、したたかでありそして可愛らしく描かれていました。

    この先、みんなが幸せになれますように・・・。

全90件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964 年東京都杉並生まれ。小説家、エッセイスト。出版社勤務、フリーライターを経て、2003 年『FUTON』でデビュー。2010 年『小さいおうち』で第143 回直木三十五賞受賞。同作品は山田洋次監督により映画化。『かたづの!』で第3 回河合隼雄物語賞・第4 回歴史時代作家クラブ作品賞・第28 回柴田錬三郎賞を、『長いお別れ』で第10 回中央公論文芸賞・第5 回日本医療小説大賞を、『夢見る帝国図書館』で第30 回紫式部文学賞を受賞。

「2022年 『手塚マンガで学ぶ 憲法・環境・共生 全3巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島京子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×