ノートル=ダム・ド・パリ (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.79
  • (2)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041110829

作品紹介・あらすじ

15世紀末のパリ。ノートル=ダム大聖堂の副司教クロード・フロロは、聖堂前の広場で踊るジプシーの娘エスメラルダに心を奪われ、自分が育てた異形の鐘つき男・カジモドに誘拐させて、わがものにしようとする。しかし間一髪、王室騎手隊の隊長に救われ、エスメラルダはその若き隊長フェビュスに一目ぼれしてしまう。嫉妬に狂った副司教のクロードは、フェビュスを殺し、エスメラルダにその罪を着せ破滅させようとする。一方、エスメラルダの美しさとやさしさにふれ、いつしか愛情を抱くようになったカジモドは、彼女を絶望的な運命から救いだそうとするが――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 装丁が素敵だったので手に取りました。本書は抄訳ということで読みやすさを重視し、コンパクトに物語がまとめられています。「ノートル=ダム・ド・パリ」といえばディズニー映画版のしか知らなかったので原作を読んでみて初めてその違いを知りました。エスメラルダを巡って愛憎入り乱れる人物関係や生き別れとなった親子のエピソードなど抄訳であっても盛りだくさんでとても楽しめました。また当時の挿絵もあり、絵でも物語を楽しめます。普通版はもっと複雑な構成とのこと。年内には普通版の上下巻を読破したいです。

  • 初めて読んだが、ディズニー映画向けとは思えないストーリーが意外だった。原作をダイジェストした翻訳なのでテンポが良く、起伏富む展開は、古典文学に敷居の高さを感じる人にでも面白く読めるはず。質の高い出版当時の挿絵掲載は特筆もので、物語世界をより楽しませてくれる。キャラクターそれぞれの狂気じみた恋は、後世のフランス映画で目にするのと同じテイストがあり、それら源泉のひとつこそユゴーの作品だったのだろうと、逆に想像した。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1802年-1885年。フランス・ロマン主義を代表する詩人・小説家・戯曲家。10代の若さで詩人として国王ルイ18世に認められるなど、早くから頭角をあらわす。すぐに戯曲や小説を発表するようになり、1831年に『ノートル=ダム・ド・パリ』、1862年にフランス文学界の頂点といわれる『レ・ミゼラブル』を発表して、不動の名声を獲得。政界にも進出したが、激動の時代により亡命生活も経験している。

「2022年 『ノートル=ダム・ド・パリ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴィクトル・ユゴーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
朝井 リョウ
宮部みゆき
アンデシュ・ハン...
西加奈子
カズオ・イシグロ
宇佐見りん
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×