幼なじみからの恋愛相談。 相手は俺っぽいけど違うらしい (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.80
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041111291

作品紹介・あらすじ

疎遠になっていた幼馴染と同じクラスになった隆之介。ある放課後、幼馴染から恋愛相談を持ち掛けられるが、相手の特徴が自分と一致しすぎていた。とりあえず相談に乗るも、実は自分で実践されている事に気付かず…?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容はタイトル通り。素直になれないけど節々で高い好感度を匂わせてくるヒロインがかわいい話。主人公もしっかり者で好青年。
    展開的に裏切られることもないだろうから安心して読める。

  • 挿し絵が綺麗でとても好き。
    何だかんだ幼なじみのために頑張る主人公は素敵。
    幼なじみも不器用ながら主人公にアピールする感じも、もどかしくてとてもいい。

  • 高校2年生元野球部(怪我で引退)の殿村隆之介は幼なじみの雛形栞から恋愛相談を受ける
    アドバイスする殿村、そしてその練習を要求する雛形

    はたから見るとどう考えても両片想い状態の二人だが……
    本人たちにとっては、恋人同士にはなりたいが、もし違っていてこの関係が壊れるのも嫌、というジレンマ
    とにかくじれったいしヤキモキする話で続きが気になる

    なお、タイトルと帯は「幼なじみ」、本文とあらすじは「幼馴染」と混在するのは納得いかない

    【以下再読のための備忘】
    ・「ギャルでもないし黒くもないけど、いい?」
    ・「ラブ。マジ」
    ・「チュー、したいんだ」「っ」雛形が両手で顔を覆った。赤くなった顔は隠せても、赤くなった耳までは隠せていない。
    ・ぽわわ~と朗らかな表情になる雛形、何かを想像したらしい
    ・雛形のパンチラ程度で動揺する俺じゃないんだ。……白。
    ・(結婚の約束)「私達も、したよね」「うん。でも、隆之介、次の日は、保育園の先生と結婚するって言ってた」「とんだ浮気野郎」
    ・「恋に、遅いも、早いも、ない……!」「名言風な間がなんか腹立つわぁ……」
    ・「ジャージ引っ張んないで。パンツ見えちゃうから」
    ・「……お、美味しくなかったら、お母さんのせいに、できる、から……」
    ・「えへへ。先輩を追いかけてきちゃいました」ぶわっと殺気めいた何かを右隣から感じた:雛形さん殺気を放つ(笑)
    ・雛形さん、塩分多めとか:塩対応(笑)
    ・隆之介、ラブセンサーが機能していない
    ・あ~んされて「照れくさい味がする」
    ・納得したらしいけど、音符が突きそうな声が聞こえた。
    ・「殿村ー!野球しようぜー!」「なんだよ、ナカジマ」「誰だよ、ナカジマって!」:サザエさんだろ……

    【内容:アマゾンから転記】
    好きな人って俺なのか? 不器用な幼なじみ同士の甘くて焦れったい恋物語。

    「放課後、話があるから待ってて」
    最近はロクに話すらしていなかった幼馴染・雛形栞から
    突然呼び出されることになった俺、殿村隆之介。まさか告白――

    「好きな人ができた」「……おう……ああ、うん、あ、そ」

    どうやら、彼女いない歴=年齢の俺に恋愛相談をしたいらしい。
    人選を間違えているような。ちなみにどんなヤツなんだ?
    1.身近にいて優しくてイケメン
    2.同じ学校にいるから話そうと思えば話せる
    3.連絡先は知らない――見当もつかないな。
    ≪4.昔からずーっと好き≫

    ん? これってもしかして……!?
    高2。夏。不器用な幼馴染同士。甘くて焦れったい恋物語。

  • 美人の幼馴染、雛形栞から恋愛相談を受けてるけど違うらしいというタイトル通りの内容。けがで野球をやめたらしい。

  • ぽてんヒットになるかならんか微妙なとこやな

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

著者:ケンノジ
「小説家になろう」を中心に活躍中。
書籍化された代表作は「圧倒的ガチャ運で異世界を成り上がる! 」「高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果」「チート薬師のスローライフ」など。
ヒロインの可愛らしい描写や軽快な会話シーン、コメディ部分が特にファンの支持を得ている。

「2021年 『痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった5 複製原画付き特装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ケンノジの作品

ツイートする
×