チルチルサクラ ~桜の雨が君に降る~ (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.38
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 99
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041111475

作品紹介・あらすじ

自分に自信のない姫花は、高校に入学し、桜の下で運命的な出会いをする。けれど自分なんて、素敵な彼には釣り合わない。そんな時、事故に遭いそうになった姫花は、死の運命を延長されたと聞かされて……

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公がどことなく自分に似ていて、主人公を自分に置き換えて考えることが出来た。
    この人生がいつ終わるか分からない世界の中で愛を選ぶか友情を選ぶか…
    この人生は自分だけの物語ではなく、周りに居る人達によって1つの物語になっていることに改めて感じさせられた。
    すれ違いが起きたとしても向き合い、自分の心に正直に生きていき、登場人物のように強く前を向いて生きていきたいと思った。

  • 本好きのぽっちゃり女子高生ソラミが、リンネさんと名付けた幽霊にもうすぐ死ぬから、自分に正直に生きるようにしなさいに言わるという学園青春もの。親友の杏奈と、あこがれの先輩悠真くんとのやりとかがメインだが、まああんまり面白くなかったなあ。

  • ちょっとお決まりパターンになりすぎていて、いぬじゅんさんらしい作品なのか、、、と思ってしまった。いぬじゅんさんにはもっと書きたいものがあるのではないか?この小説にも書かれていたことは、いぬじゅんさんに言えることなのではないか?

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

奈良県出身、静岡県浜松市在住。2014年『いつか、眠りにつく日』(スターツ出版)で第8回日本ケータイ小説大賞を受賞し作家デビュー。2019年フジテレビFOD、地上波にて連続ドラマ化され、のちにコミカライズ。『この冬、いなくなる君へ』(ポプラ社)で第8回静岡書店大賞「映像化したい文庫部門」大賞、『この恋が、かなうなら』(集英社)で第10回同賞受賞。その他、『今、きみの瞳に映るのは。』『北上症候群』(実業之日本社)、『君がオーロラを見る夜に』(KADOKAWA)、『叶わない恋を叶える方法』(ステキブックス)など人気作品多数。持ち味の〝どんでん返し×泣けるヒューマンファンタジー〟や生死をテーマにした作品には根強いファンを持つ。

「2023年 『無人駅で君を待っている』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いぬじゅんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇佐見りん
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×