朝と夕の犯罪

著者 :
  • KADOKAWA
3.49
  • (12)
  • (42)
  • (48)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 382
感想 : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041111642

作品紹介・あらすじ

別々の人生を歩み、10年ぶりに再会したアサヒとユウヒの兄弟。ふたりはある目的のため、狂言誘拐を実行に移す。その犯罪は成功したかに見えたが、思いもよらない結末を迎えることになった。
それから8年後、神倉駅前交番の警察官・狩野雷太は、マンションの一室で衰弱した男児を保護する。男児の傍らには、餓死した妹の亡骸があった。神奈川県警捜査一課の烏丸靖子は兄妹の母親を取り調べるが、彼女がかつて誘拐事件に巻き込まれていたことがわかり、状況は一変する。悲劇的な事件の裏に横たわる、さらなる衝撃とは――。 

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 20歳の大学生アサヒは8年前まで兄と弟として父と三人で車上生活をしていた弟のユウヒと東京で偶然の再会をします。
    父を亡くして小塚家の養子となった旭と児童養護施設<ハレ>で暮らしていた正近雄飛。

    ユウヒはアサヒに<ハレ>を存続させるためにお金が必要だから松葉美織という15歳の政治家の娘を狂言誘拐するのを手伝ってくれないかともちかけられアサヒは自分の分け前はいらないからと言い、誘拐当日のスパイとして松葉家の選挙事務所にボランティアとして入り込みます。

    狂言誘拐は成功します。しかし、その日アサヒがユウヒのアパートを訪ねると、腹を包丁で刺され血を流して倒れているユウヒを発見します。「料理中に転んだ」と言うユウヒをアサヒは病院に連れていきます。

    そして、第二部はその8年後。
    二人の子どもをアパートに残し置き去りにした母親、吉岡みずき23歳が逮捕されます。兄の夕夜7歳は生き残りましたが、妹の真昼5歳は餓死による死亡。
    そして、吉岡みずきは偽名であり、2011年に松岡家から誘拐された直後に失踪した松葉美織であることが警察の調べでわかります。
    夕夜は児童養護施設<ホルン>に保護されます。

    狂言誘拐の後、ユウヒを刺して逃げたのは美織なのか…。それならば何のために何を隠しているのか…。

    警察は夕夜の証言と美織の古い知り合いから、正近雄飛という名前を探り出しますが、正近雄飛なる人物はどこにもいません。8年前怪我をした病院から逃げ出して行方不明です。

    夕夜が「マサチカユウヒはヒーロー。苦しんでいる人を守って助けてくれる。おれのパパ」と言っているのが泣かせます。

    優しいがゆえに犯罪を起こしたユウヒそして、兄のアサヒ。
    二人がどうか罪に問われないようにと願いながら読了しました。

  • 2011年、アサヒとユウヒと美織が行った、狂言誘拐。
    そして8年後、母親が何日も帰宅せず、放置された子どものひとりがなくなる事件が発生し……。

    『偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理』の続編。

    今回は長編で、捜査担当でメインの視点人物は、捜査一課の烏丸。
    狩野たちのの出番は少なめだけれど、鬱陶しいほどの人懐っこさと、推理力は変わらず。

    狩野たちが主体で、みっちゃんとのコンビもたのしめる短編集で、またさらなる活躍を読んでみたい。

  • 第一部は、離れていた兄弟との出会いとそれまでの境遇。
    単純に思われた狂言誘拐は…
    それからこの兄弟は…
    もやもや感が残ったまま、第ニ部へと
    繋がりが感じられないまま、引き込まれてしまう展開に圧倒された。
    真実を見抜く交番巡査である狩野に脱帽。
    悲劇と衝撃の連続で、驚かされた。
    家族の在り方を考えさせられる奥深い内容だった。

  • 「偽りの春」を読み終えてすぐの今作。
    まさに一気読み。

    狩野雷太の活躍を期待して読み始めたのだけど、
    残念ながら今回は控えめ。

    様々な家族の形が描かれた本作。
    特に幼い子どもたちにとってはつらすぎる経験でしかない。作品の中とはいえ、この先彼らがトラウマとなりそうな経験をどう乗り越えていくのだろう、と
    暗い気持ちになった。
    ラストは明るい雰囲気で締めくくられたが、
    そこには違和感が。

    そしてちょっと納得いかなかったのは美織の行動。
    なぜ二人も産んでしまった?
    憎んでいたわけではなかった我が子を放置できる?
    そしてなぜヒーローだった彼を置き去りに?
    そう言ってしまうとこの物語自体が始まらないんだけれども。

  • 近頃、ネグレクト、幼児虐待を扱った小説が非常に多くて読んでいて憂鬱な気持ちになります。世の中そういう人が増えたというより、昔は表面に現れていなかった問題が表面に出てきていると思っています。
    これもネグレクトが二つ出てくるのですが、それが過去、現在で繋がっています。しかし連鎖では無いんですよね。絡み合っているという感じでしょうか。

    血のつながらない兄弟が一人のクズ男と一緒に賽銭泥棒や万引きなどで糊口をしのいで
    いるのですが、これも一般的にはネグレクトなんだけれど、三人が三人を気遣って生きているのがひしひしと感じられて胸が痛いです。
    世間的にクズなのに子供への愛情は間違いなくある男、世間的には名士で金もあるのに愛情より世間体を取る親。色々な事を考えさせられますが、一番可哀そうなのは放置された子供。どう転んでも許されないからな。と新米おじいちゃんは憤りながら読みました。

  • アサヒとユウヒの狂言誘拐から始まる物語だけど、思ったよりも深すぎる話だった…。
    第一部と第二部で内容がガラリと変わるというか、児童養護施設を助けるための狂言誘拐が一転、育児放棄致死事件に発展。読み始めの印象よりもかなり重い作品でした。

  • 8年の時を経て浮かび上がる罪と秘密。
    重なるはずのなかった三本の線。兄弟と兄妹。いくつも走る亀裂。絡まり合い、そして途切れた糸。それをほぐしてつないだ一人の刑事。

    外から見るとそれは不幸しかない人生。「かわいそう」しか見えないけれど、そこに幸せのカケラはなかったのか。見つけたいと思いながら読む。どこかに光よあれ、と祈るように読む。

    狂言誘拐、ネグレクト。流れた血が隠そうとしたもの。許したのは誰。許されたかったのは誰。そして、許せなかったのは、誰。
    予想もしなかった罪と秘密。なぜ、という言葉がうつろに響く。

  • あらすじ 
     第一部と第二部に分かれている。
     第一部は過去編。2011年、アサヒは生き別れた弟ユウヒと出会う。二人はアサヒが小学5年生になるまで父親と3人で車中暮らしをしていた。もちろん学校にも通っていなかった。父親が亡くなったため、アサヒは離婚した妻に引き取られた。妻の夫は歯科医で暮らしに困らなかった。弟の方はそのまま施設に引き取られ、養子になっていたが生活は苦しそうだ。ただ弟の方はそのまま施設でも働いているらしい。弟から持ち込まれたのは偽装誘拐の手伝い。図書館で出会った政治家の娘から頼まれたのだ。アサヒは父親が亡くなったのが、自分のせいだと思っている為断れずに引き受ける。政治家松葉の選挙事務所のスタッフとして入り込み、身代金の受け渡し係になった。誘拐は無事成功したがその夜弟は何者かに刺される。命は取り留めた。
     第2部、別の作品でも出てきた警察官狩野が出てきている。ネグレクト状態の幼い兄と、亡くなった妹を見つける。兄は7歳だという。母親はあっさりと発見・逮捕されたが、彼女が8年前に行方不明なっていた政治家松葉の娘美織だと分かる。捜査一課の烏丸・西が事件を捜査する。アサヒは家を出て出版社に勤めていた。またユウヒはすぐにアサヒとの繋がりが分かるが行方が知れない。
     一方、引き取られた幼い兄ユウヤは養護施設で情緒不安定のためトラブルを起こしがちだ。また、政治家松葉の家では突然母親が美織の兄を殺害するという事件が起きた。
     結末・・・美織が偽装誘拐までしたのは、家を出るためと、兄からの虐待から逃げるため。兄には甲殻類アレルギーがあり、それを利用して兄の殺害も目論んでいた。しかしユウヒがアサヒに人殺しの手伝いをさせることを嫌がり、勝手に計画を変えたためトラブルとなって刺してしまった。その後美織は逃亡生活を送りながらユウヤを育てていたのだった。 また行方不明になっていたユウヒは、児童福祉司の立川真司。立川はアサヒと父の本当の家族ではない。元々問題のあった家庭から、父親が連れてきて、一緒に暮らすことになったのだった。だから戸籍はその実家の家にあったまま。立川その戸籍を使って新しい身分を手に入れたのだった。整形もして。
     
     感想・・・全体的に切ない・やるせない話だったけれども、読後感としてはそんなに悪いものではなかった。 おそらくアサヒもユウヒも辛い環境にありながら、相手のことを思いやる部分が大きかったからだと思う。この兄弟の幼い頃の記憶にしても、もっと暗いものにできたと思う。その方向にいかず、しっかりミステリーに仕立てることでストーリーの展開も楽しめることになっていた。それにやはり狩野の存在が大きいかな。飄々としたキャラクターが作品を少し軽くさせているのじゃないかなと思う。今回は女性刑事烏丸もいい味だしてた。ザクザク仕事できる感じで。狩野が一課に戻ってくる作品が出てほしい。

  • 「偽りの春」が面白かったので、同じ著者の二冊目として読了。全体的に暗い作品で、狩野雷太も登場するものの、「偽りの春」ほどの面白さを感じることはありませんでした。

  • 終盤の読み応えはかなり!
    犯人に肩入れしそうになる展開でした。

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(ふるた・てん)プロット担当の萩野瑛(はぎの・えい)と執筆担当の鮎川颯(あゆかわ・そう)による作家ユニット。少女小説作家として活躍後、「女王はかえらない」で第13回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、同名義でのデビューを果たす。「小説 野性時代」掲載の「偽りの春」で第71回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。同作を収録した短編集『偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理』を2019年に刊行した。他の著書に『匿名交叉』(文庫化に際して『彼女は戻らない』に改題)『すみれ屋敷の罪人』がある。

「2021年 『朝と夕の犯罪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

降田天の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×