ブレイブ・ストーリー 中 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.02
  • (15)
  • (16)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 319
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041111710

作品紹介・あらすじ

失われた日常を取り戻すため、ワタルは異世界へ旅立った。目指すは、どんな願いでも叶えてくれるという女神のいる「運命の塔」。愛すべき仲間たちと心をひとつに、ワタルは数々の困難に立ち向かう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ワタルの幻界での旅の続き。
    自分の与えられた運命がとてつもなく残酷なものかもしれない、それを拭えたとしても幻界の人を恐ろしい運命に導いてしまうかもしれない、、小学生に難しい選択を選ばせようとしているなと思いました。
    それでも悩み、葛藤しながら少しずつ成長していくワタルになら、女神の元に辿り着いた時、正しい答えを出せるのだと期待させてくれるストーリーです。

  • 自分の心に余裕がある時期なら、手に取らなかっただろうと思う。
    まず、思いのほか、おとぎ話の世界ではない、現実の出来事を語る第1部が長かった。上巻はほとんど第1部である。だからといって退屈だというわけではない。現実でうまくいかないことがある。別の世界に導かれ、冒険を続けていくうちに、不思議と現実の厳しさにも相対できる素質が備わっているーおそらく、この物語はそういう話だ。
    そういう枠組み自体、もしかすると珍しいものでもないかもしれない。加えて、両親の離婚という「困難」も、現代ではありふれてさえいるのかもしれない。
    それでも、第1部には、人生には簡単に答えが出せない問いがあって、しかも誰にでもそれに直面することがあるのだということを感じさせる。家を出た父は勝手だと、ワタルと一緒に読者も感じる。けれど、ワタルの父に近い年齢になった今だからそうも思うのかもしれないが、彼にもまた理があるかのようにも感じる。
    中巻に入り、幻界でも、小学生の主人公にはシビアに感じられる試練がある。特に、嘆きの沼の場面は…。おとぎ話の世界にも民族間の争いや宗教上の対立がある。「半身」の理不尽がある。幻界の試練は、選択したり決断したりすることの困難さを、現実界と同じように提示している。私が一番苦手な問題。決断しないといけないということ。。
    ファンタジーにはよくある要素を漏れなく含んでいる王道という気もするが、問題の設定の仕方がある意味、現実らしくていやらしい。愛と勇気だけでは解決できない解決があるということを知る、ということなのだろうか…?

  • ワタルの旅が進行。上巻で描かれた旅の目的があやふやになっており、これからどんな展開になるのか期待。

  • 読了

  • 途中

  • RPGの様な異世界に飛び込んだワタルは、ゲームの主人公となり、運命を変え、失われたものを取り戻すため、運命の塔を目指す。
    ワタルは、一緒に旅する仲間を得て、異世界の各地を巡り、成長しながら試練を乗り越える。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1960年東京生まれ。87年「我らが隣人の犯罪」でオール読物新人賞を受賞。『龍は眠る』(日本推理作家協会賞)、『本所深川ふしぎ草子』(吉川英治文学新人賞)、『火車』(山本周五郎賞)、『理由』(直木賞)ほか著書、受賞歴多数。

「2021年 『ブレイブ・ストーリー 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
辻村 深月
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×