カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています4 (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041112175

作品紹介・あらすじ

浮気の一件で生じたわだかまりが解け、俺・羽瀬川悠太と元カノ・相坂礼奈は新たな一歩を踏み出した。
といってもヨリを戻したわけではなく、ただお互いを理解しているよき話し相手。
そんな俺の家に入り浸る後輩・志乃原真由との関係も――ちょっとだけ変わろうとしていた。
「どうです先輩、私で一定期間恋人生活をお試しするのは」
ズレた恋愛観を世間に合わせたいと言う真由と、期間限定で“お試し交際”が始まった!
恋人モードな彼女に振り回されつつ、変わらない居心地の良さにどこか安心する俺だったが、
「私のこのドキドキは、恋ですか」
お試し交際の終わりを前に、彼女の願いが告げられる――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・大学の友達は一生物➡️価値観や振る舞いがある程度成熟した後だから

    ・みんながする失敗を先に経験しておくと、後で心に余裕が生まれる

    結構共感できることが多い。

  • 礼奈との関係も改善(ただ未だ復縁にいたらず)、彩華との関係はやや進展(彩華自宅で手料理を食す)、真由とは仮交際ということで1日デートと、それぞれに進展ありつつも決定打に至らず
    その裏で彼女たちは彼女たちで関係性ができつつあり……
    さて悠太はどのような決断をするのか、そもそも決断できるのか
    関係を変えたくなくて、決断せずにダラダラ行きそうな予感もするが

    あと真由の背景がちょっと厳しくて重めでしたね

    【以下再読のための備忘】
    ・「言葉が足りないと、すれ違って当然です。最後まで言葉にしなかったんだったら、最後まですれ違うのは当然じゃないですか」
    ・「ゆ、悠太くんが大人になってる……」
    ・彩華は髪を括るためのヘアゴムを咥えたまま、こちらに振り返る。目が合うと、彩華は悪戯っぽく口角を上げた。「にひっ」
    ・「大人の余裕ってよく言うけどさ。あれ、先に失敗を経験したからこそ出るものなのかもな」
    ・彩華さん、悠太を押し倒す(笑)
    ・中高生のそれと違い、大学生の仮交際から連想されるものは爛れた関係だろう。
    ・「で、YESかOKか、どちらですか?」
    ・恋人らしいことって、大学生にもなれば身体を重ねることだって含まれる。私の求めていたものに内包されているはずの行為に、なぜか気後れしてしまう。
    ・「私のことを大切に思う気持ちは変わらない。それを聞けただけで、仮交際の価値はありました。ふふ、先輩私のこと大切なんだ」

    【内容:アマゾンから転記】
    先輩は私の、特別だから。 後輩・真由と“お試し交際”スタート!?

    浮気の一件で生じたわだかまりが解け、俺・羽瀬川悠太と元カノ・相坂礼奈は新たな一歩を踏み出した。
    といってもヨリを戻したわけではなく、ただお互いを理解しているよき話し相手。
    そんな俺の家に入り浸る後輩・志乃原真由との関係も――ちょっとだけ変わろうとしていた。
    「どうです先輩、私で一定期間恋人生活をお試しするのは」
    ズレた恋愛観を世間に合わせたいと言う真由と、期間限定で“お試し交際”が始まった!
    恋人モードな彼女に振り回されつつ、変わらない居心地の良さにどこか安心する俺だったが、
    「私のこのドキドキは、恋ですか」
    お試し交際の終わりを前に、彼女の願いが告げられる――。

  • ラノベラブコメらしい展開ではありますね。ただみんな大学生なんだから、もうちょっと踏み込んでもいいのになとは思いました。さらっと「良い大学」って書いてあったから、そんなもんなのかもしれませんが。

全4件中 1 - 4件を表示

御宮ゆうの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×