アルプスでこぼこ合唱団

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041112199

作品紹介・あらすじ

中立という名のもと、付かず離れずの距離感で人々が暮らす、 実はアンフレンドリーで複雑な小さな山国スイス。 根は生粋の日本人ながら異国生活の長い著者が悪戦苦闘の日々を綴る、多国籍な合唱エッセイ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 合唱そのものには 全く関心がありません
    にもかかわらず 
    一気に読み進めてしまいました
    この一冊に登場する人たちが
    まぁ 見事に描かれていくこと
     
    その(合唱団の)お一人お一人が
    初めて逢った時のよそよそしさから
    時間が経つにつれて
    いろいろなエピソードとともに
    どんどんなくてはならない隣人に
    それぞれが なっていく
    その過程が まぁなんと興味深いことでしょう

    読み終わって
    表紙に描かれる 人たちの様子が
    しみじみと思い浮かべられるのも
    また 楽しい

    こころほっかりさせてもらえる
    一冊でありました

  • パリ、米国、英国に暮らし、現在はスイスのチューリッヒに暮らす著者が、地元のアマチュア合唱団で出会った人たちを綴る。チューリッヒはドイツ語圏で、その上スイスのドイツ語は又少し違うらしい。譜面は読めても、なれないドイツ語を音符に乗せることにも苦労する。自分の思いをうまく表現できないので、メンバーと打ち解けて話すことにもためらいが残る。そんな苦労をしながらの4年間、コロナでロックアウトを経験し、ズームのリモート練習も経験する。教会と結びついたスイスの合唱に、日本でのアマチュア合唱団とは違うものがあるのかもしれない。

  • ムジツィーレン
    ユルグさんのキャロットサラダ
    →レモン汁とメープルシロップ+クミン
    ベルリンの壁とハンナと著者

  • 日本を離れ、フランス、アメリカ在住を経て、配偶者の出身国であるスイスに住む日本人が地元の合唱団に参加したことでスイスに根を張る実感に至るというストーリー(実話)。
    美しく、秩序と文化もあるスイスだが、著者にとっては20年近く住んで、その間にお店もやってみたりしたらしいのだが、なぜかよそよそしく感じられたらしい。それが、ふとしたきっかけでチューリッヒのアマチュア合唱団に参加することで、少しずつだが、色々な人との交流ができたりして、そこに居場所を見出してきたらしい。住めば都というが、ただ住むとか暮らすということ以上に、帰属すべき場所というのが大切なのかもしれない。
    なお、(スイスのドイツ語ではない)標準ドイツ語を「ハイジャーマン」と記しているが、なんだか、高い声のドイツ語みたいな感じがして、ここは「ホッホドイッチュ」と書いてほしかった。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1961年、愛知県生まれ。京都大学文学部哲学科卒業。ファッション誌『25ans(ヴァンサンカン)』の編集を経て`88年渡仏。7年間のパリ滞在中より、フリーのジャーナリスト、エッセイストとして雑誌などに多数、記事を発表。ペンシルヴァニア、ロンドン、チューリッヒ、ジュネーブと移住し、現在はチューリッヒ在住。著書に『パリ妄想食堂』(角川文庫)、『フランス女』『裸足のコスモポリタン』(以上、マガジンハウス)、『世界一ぜいたくな子育て』『「モザイク一家」の国境なき人生』(光文社新書)など。

「2022年 『アルプスでこぼこ合唱団』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長坂道子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
柚木麻子
恩田 陸
町田 そのこ
今村夏子
村井 理子
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×