義妹が聖女だからと婚約破棄されましたが、私は妖精の愛し子です (角川ビーンズ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.85
  • (1)
  • (5)
  • (13)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 93
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041112236

作品紹介・あらすじ

聖女の儀式で力が発揮されず、王子に婚約破棄された公爵令嬢のマーガレット。代わりに義妹が聖女との噂がたつが、マーガレットは――妖精と話せる秘密の力を隠し持っていた。これで嫌な王子と義妹から解放される! 学園で妖精たちと楽しくお喋りしていたら、伯爵家の堅物・ルイス様に見られてしまい!?
“マーガレット様が聖女ではないですか?”

WEB発・妖精に愛された公爵令嬢が奇跡を起こす――痛快シンデレラストーリー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • #義妹が聖女だからと婚約破棄されましたが私は妖精の愛し子です #小説 #ラノベ #読書 #KindleUnlimited
    うーん、小学生向けの恋愛小説だったのかな?
    内容の良し悪し以前に対象年齢が低かった、という感じです。電子書籍はこういう見極めが難しい。

  • 聖女の儀式で力が発揮されず、婚約破棄された公爵令嬢のマーガレット。婚約者であった王子は、マーガレットの義妹が聖女であると宣言して自身の婚約者とする。マーガレットは、他の人には内緒にしているが妖精の愛し子で、妖精たちと仲良く過ごせればそれでいい、婚約破棄となれば、話を聞こうともしない王子や虐げる家族から解放されると思っていた。ちょっとしたきっかけから伯爵家の堅物子息・ルイスと話をするようになり、距離を近付けていく。距離の近付き方がなかなかクセがあっておもしろい(笑)
    マーガレットが淡々としてる分、話自体も淡々と進んでいく感があるが妖精さんや友人たちが賑やかで楽しめた。

  • 最強の妖精がついているせいで、マーガレットが人と対話する事を諦めちゃってるのか現状をどうにかしようとする努力をしてないのが気になりますが、チートな能力でがつがつ無双していく様は爽快。
    糖度はそんなに無いけど可愛らしい話になってます。

  • 母の死後、家に居場所がなかったマーガレット。なんで義妹のことを信じる人がここまで多いのか。と不思議になるほど。マーガレットの話を全く聞かない王子との婚約破棄はマーガレットにとってはよかったのかも。と思ってしまった。
    味方が少なかったり、周りの人に誤解されたりしてきたマーガレットたけど、妖精たちが一緒にいたことで楽しい時間を過ごせていたのは安心できる。マーガレット自身を見てくれるルイスと一緒にいるときのマーガレットは、妖精たちといるときと同じくらい楽しそうで、なんだか嬉しくなった。

  • ヒロインのマーガレットはテンプレ虐げ家庭の性格悪い義母と義妹付き。
    ヒーローは陰険でも俺様でも腹黒でも無い、堅物の伯爵長男ルイス。
    婚約者のキースは愚か者。

    妖精さん大好きなルイスの眼鏡が表紙に無いのは残念。

全6件中 1 - 6件を表示

桜井ゆきなの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×