ホーンテッド・キャンパス 待ちにし主は来ませり (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.90
  • (10)
  • (25)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 183
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041112359

作品紹介・あらすじ

クリスマスイヴ。森司とこよみのデートがついに実現!人生最高の夜を噛みしめていた森司だが、ツリーの根もとで異様な人形を発見する。
それは1年前にオカ研へ相談が持ち込まれた曰く付きのもの。ある教授が、死んだ愛娘そっくりに作り上げ、娘の代わりとして大切に世話していた。供養されたはずだが、なぜここに? 
同じ頃、部長と藍も奇妙な憑依事件の渦中にいて……。シリーズ最大の危機がオカ研メンバーを襲う第18弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回も恒例の季節外れの短編集♪

    いやぁ、八神くんもこよみちゃんもやっと両片思いから脱失思想でめでたい!

    なんとなくラスボスのような人が出てきたので、そろそろ終わりに近づいてるのかな?

    GW時期にクリスマスというのも乙な感じで面白かったですね。

  • シリーズ18冊目。今回は、クリスマスイブに起こった3つのオカルト事件のお話です。それぞれのお話は、もちろん面白く読ませていただきました。が、今回の最大の事件は森司とこよみのイブデート。やっとここまで来たか、という感じです。もう、二人関係の進展の遅さは、彼らの周りで起こる怪奇現象よりも異常なのではないだろうか。

  • いよいよクリスマスデート! なのですがまあ、二人の進展についてはあまり期待はするまい(笑)。ただし抱腹絶倒でかなり楽しめました。この人たち、どこまで純朴なんだか。
    世間は華やぐクリスマスイヴに、部長と藍、泉水と鈴木がそれぞれに出くわす事件。今回もさまざまな人間関係の呪縛に取り憑かれた人たちの、恐ろしくも悲しい物語ばかりでした。しかし怖いながらもほっこりする要素もあって、それプラスメインの筋書きはクリスマスデートなので。ゆるく楽しめるかな、と思っていたら。
    三話からの展開があまりに怖すぎます。もちろん人形怪談ってのだけで充分怖いのだけれど。それ以上に底知れない妄執と、それが引き起こすあまりにとんでもない怪異に戦慄します。しかもこれ、まだ終わってないの!? 続編はいつ出るのでしょうか。気になるっ!

  • リアルクリスマス時期になるまでと思って積読していた件。

    森司とこよみちゃんのクリスマスデートにいっぱいいっぱいな両片思いカップルの外野で事件が起きすぎである。
    途中までこの二人、完全に蚊帳の外である。
    というか、オカ研のみんなが敢えて巻き込まないようにしていたので。
    こんなにバックアップしてもらっていて、まだ付き合ってないんだって、この二人。
    そろそろ「いい加減にしろよ」とツッコミを入れたくなってきた。

    主人公未カップルを蚊帳の外に、でも事件は今後にも繋がる伏線を残すものも。
    クリスマスイヴだというのに、特に部長は推理の面で大活躍。
    お疲れ様です。
    部長の蘊蓄がいつもに増して興味深くて大満足!
    主人公二人が途中まで戦力外なので、オカ研の他のメンバーの活躍が見られて楽しめた。
    割と長い伏線を張ってからの最後の事件になるので、時間軸が前後することも。
    まさか年単位で動くとは思わなかったけれども。
    その振り返りで、デートまで漕ぎ着けた森司の成長ぶりも感じられたのはうれしい誤算かな。
    当時は誘えもしなかったものね。
    成長した。

    ラストはクリスマスデートをしていた森司とこよみちゃんも巻き込んでの大騒動に。
    本当に想定していない規模の大事だったので、本当に驚いた。
    今回は何とか退けたけど、不穏なフラグを残す結果に。
    これは恋愛どころではないかもしれない。
    周囲にはもうバレバレなのにね……いつ両片思いの「片」が取れるのやら。

  • 久々の長編で、しかも各部員の別行動パートもあるという特別感満載な巻。ホーンテッドキャンパスの面白いところの一つとして、ホラーでありながらホラー意外のトリックも充実してるところがある。
    しかし泉水はほんと男前だよなぁ。

  • いい加減付き合えよってなる。笑
    伝記本、民俗学本として、面白い!

  • あーーー、ほんと相変わらず日常パートとホラーパートのギャップよ。
    今回は特に、ひたすら森司とこよみのテレテレらぶらぶパートと、怨念と執念のホラーだったので、温度差すごい。
    こよみちゃんにとっては、森司がかっこよくてたまらないんだろうねぇ。
    人間の業は深いなぁ。幽霊のがまともやん!て勢い。オカ研のみんなのまっとうなこと。
    今回も楽しかった!

  • いよいよ森司君とこよみちゃんのデート❤️
    素敵なクリスマスプレゼントも用意して
    ドキドキでした
    途中までは良い感じなんですが、オカルト現象が
    またもや邪魔をするwww

    でもこの2人の場合それで絆が深まってくんですよね
     
    3つのエピソードが同時進行して
    最後の事件で全員を巻き込んで
    けっこうヤバい展開になります!
    オカ研メンバー各々の特技を活かした
    終わり方で面白かったです!

    でも次の事件の余韻残してます・・

  • 「有罪無罪原罪」
    本当に成し遂げたかった事。
    襲われた時の真相が明らかにならなかったが、あの三人の目を掻い潜り居れたことは凄いのでは。
    家庭の事情が複雑であるほど子供への影響も少なからず大きくなるが、ここまで露骨に自身のずる賢い思いだけで子供を利用するなんて最低だよな。

    「黒いサンタクロース」
    モノクロの世界になるのは。
    理解のない者は未だ多数いるだろうが、命がかかっている事を重々承知して行って欲しいよな。
    嫁姑問題はどこにでもあるだろうが、自分の子供なのだから疑問に思った事は繰り返しになってしまったとしてもちゃんと伝えるべきことなのでは。

    「待ちにし主は来ませり」
    執着心と異常な世話の理由。
    目的に必要な物が全てが出来上がるまで、彼は彼女の奇行に一切気が付かなかったのだろうか。
    見逃してしまったのは曖昧な情報が多すぎたせいでだと思うが、後少し気付くのが遅れていたら世界は混乱では済まない事態になっていただろうな。

  • おう…時系列飛び飛びで分かりにくかったけど面白かったー!ちゃんと怖い…というか、何かきっちり民俗学的な切り口とかオカルティックな部分とかがあったので楽しかった。で、もしかしたらそろそろ終わりかな…?

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年新潟県生まれ。2012年、『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞。瑞々しいキャラクターと読みやすい文章で読者モニターから高い支持を得る。同年、「赤と白」で第25回小説すばる新人賞を受賞し、二冠を達成。

「2021年 『ホーンテッド・キャンパス だんだんおうちが遠くなる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

櫛木理宇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×