あの夏、二人のルカ (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.65
  • (7)
  • (27)
  • (19)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 313
感想 : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041112427

作品紹介・あらすじ

名古屋での結婚生活に終止符を打ち、東京・谷中に戻ってきた沢口遥は、【ルーカス・ギタークラフト】という店に興味を持つ。
店主の乾滉一はギターの修理だけでなく、日用品の修理もするらしい。滉一との交流の中で、遥は高校時代の夏を思い出していた。

一方、高校生でドラマーの久美子は、クラスメイトの翔子、実悠、瑠香とともにバンドをを始動させる。
そこに転校生のヨウが入ってくるのだが、彼女の非凡な才能に久美子は衝撃を受ける。
ある日、彼女たちのバンド「RUCAS」にプロデビューの話が持ち上がるが――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読んでみて、確かにあの夏の出来事はとても濃厚で忘れられない出来事だったでしょう。
    高校時代の話は、クミが主人公のように進むため、私はヨウの事がよく理解出来なかったです。
    大人になった遥は別人のようで、私的にはもう少し二人のルカ主体で進んだら分かりやすかったと思います。

  • 青春ガールズバンド小説!ちょいミステリ、ほんのり恋愛模様、といった作品。

    誉田さんの青春小説が好きです。特に女性ものの。誉田さんの描く女性はとても魅力的なので。「容姿か整っていて、ある面に突出した才能があるけど、どこか抜けてる(変人)」キャラが誉田さん作品には、よく登場する気がする。今回は「ヨウ」が該当してるかな。天才肌というか、爆発的な感じ、が気になり、そこから怒涛の展開からの、終盤は胸にグッときました。天才もやっぱ生身の人間なんやな。

    余談ですが、誉田さんはアイドル(坂道系)のファンなのですが、たまたまかもしれませんが、登場人物の名前がそのアイドルに引っ張られているような気がしました(笑)
    その視点から読んでみても楽しめます。。

  • 誉田哲也のあの夏、二人のルカを読みました。

    物語は高校2年生の夏、ギターとボーカルの遙、ドラムの久美子、ベースの実悠、ギターの翔子、そして瑠香の5人でバンドを組んでいたときの久美子の視点で語られていきます。
    音楽に目覚めて練習を続けていく彼女たちは文化祭での演奏に向けて準備を進めていきます。

    そしてこの物語に、15年後離婚して実家に帰ってきた遥の視点と楽器修理のルーカス・ギタークラフトの店主乾滉一の視点での物語も交互に語られていきます。

    遥と滉一と仲間たちの接点はどこにあるのか、わくわくしながら読みました。

  • 32歳のこじれた女と高校生のガールズバンドの話が並行的に語られる。
    ページが進むにつれて、どうやらこれは現在進行形のパートと昔語りを織り交ぜているらしいと見えてくる。
    けどイマイチ全容が掴め切れないのは、二つのパートの語り部である「私」が別人であり、主人公の内面と外面が微妙に異なる表情を見せるためだろうか。

    二つを繋ぐピースはある。冒頭、殊更意味ありげに示される「ルーカス」とタイトルにある「二人のルカ」。
    ぶつりと途切れた少女たちの不完全燃焼の夏と、その後も熾火の様に燻ぶり続ける焦燥感が、ふぅっと色を取り戻して穏やかに動き始めるまでの物語。

    まぁ何れにせよ。
    瑠香、今からでも絶対お祓いした方がいいと思うぞ。

  • つくづく、巧みな作家さんだと思う。誉田氏の「武士道シリーズ」が好きで、同じ「青春もの」と思い、手に取った。時間軸が交差している上に、「私」が入れ替わるので、中盤以降まで、かなり複雑な構成で、先が知りたくて止められず、一気に読んでしまった。高校生たちの(当人たちには苦々しくも)甘やかな、複雑な気分が甦るような、懐かしいような雰囲気…。最後は一気に爽やかな読後感で、いい気分を味わえました。

  • 青春だなあ。。
    大人になって音楽をやり始めたのだけど、高校生の若い時にもやってみたかった。ちょっと彼女たちが羨ましい。

  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50246458

  • 青春群像劇ね、爺が読みました。

  • 今と過去の話。ふたりのルカ。いろいろ繋がっていくところはおもしろかった。

  • 過去と未来が交差するように描かれた青春小説。次々に読ませる展開ではないが、「あの夏」に何があったのか?という一点を知りたいモチベーションで読んだ。誉田哲也の青春小説はあんまり心に残らないのはなぜだろう。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

誉田哲也

一九六九年東京都生まれ。二〇〇二年『妖の華』で第二回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞受賞、〇三年『アクセス』で第四回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞。主なシリーズとして、『ジウⅠ・Ⅱ・Ⅲ』に始まり『国境事変』『ハング』『歌舞伎町セブン』『歌舞伎町ダムド』『ノワール 硝子の太陽』『歌舞伎町ゲノム』と続く〈ジウ〉サーガ、『ストロベリーナイト』から始まる〈姫川玲子〉シリーズ、『武士道シックスティーン』などの〈武士道〉シリーズがあり、映像化作品も多い。『妖の掟』『オムニバス』ほか著書多数。

「2021年 『歌舞伎町ゲノム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

誉田哲也の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×