大河の剣(三) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041112564

作品紹介・あらすじ

日本一の剣術家を目指す山本大河は、ついに玄武館道場の最強を決める大試合に挑むことになった。他流試合でも強さを見せていた彼は、順当に勝ち上がり、最後の一人、水戸藩士の小田部藤十との決戦を迎えるところまでやって来た。だが、試合は小田部に押され、あっさりと負けてしまうのだった──。敗北の衝撃と失意から道場稽古を避ける大河に、千葉重太郎の妹の佐那は、大河の剣が小さく変わってしまったと告げるが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2021年5月角川文庫刊。書下ろし。シリーズ3作目。ペリー来航で世間もあわただしくなるが、大河は相変わらず剣の道を進む。それはそれで立派なことだが、話がちっとも面白くない。次は、どうなるのだろう。

  • 黒船が来航し、幕府は受け入れざるを得なかった。
    そして、それに続いてロシアとも。

    そんな幕末の落ち着かない雰囲気の中
    大河はブレずに日本一の剣豪という夢を追いかける。

    かえってこの世間知らずの男の生き方が、爽快。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1955年、熊本県生まれ。脚本家などを経て、94年に作家デビュー。近年は時代小説に力を注いでいる。人気シリーズに「隠密船頭」(光文社時代小説文庫)、「浪人奉行」(双葉文庫)、「武士の流儀」(文春文庫)などがある。

「2022年 『武蔵 残日の剣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稲葉稔の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×