はなの味ごよみ 蛍の約束 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.33
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 61
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041112571

作品紹介・あらすじ

神田の一膳飯屋「喜楽屋」で働くはなは、いよいよ武家の結城良太の家に嫁ぐため、花嫁修業に出向くことになった。駒場の伊澤家に良太とともに向かうはなだったが、心中は不安と期待に揺れていた──。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シリーズ9作目
    回を追うごとにネガティブな感想や感想自体を書く人が減って行くような気がする。今作も養子先での修行に主人公の悲観的な思いが必ず入る。結果的に頑張って養子先での評価を勝ち取り、正式な養子手続きに入ろうとすると、今までの苦労も泡になるような振る舞いが•••
    最後(次回以降)はどういう結末を目指すのだろうか?

  • 2022.05.29

  •  高田在子「蛍の約束」、はなの味ごよみシリーズ№9、2021.8発行。伊澤家の養女として武家の妻としての厳しい作法を登和子から指導を受けるはな。掃除、百人一首、習字、女大学、薙刀、裁縫、楽器・・・、自害の作法に至るまで。年の暮れ、伊澤佐内からOKが出て、年が明けたら正式な手続きをと。名前もはなから華恵に。しかし、ここにきて、悩むはな。自分の居場所は? やっぱり武家の女にはなれない。喜楽屋のはなとして生きたい。物語の起承転結の、今回は転の部分か。弥一郎の言ったとおりになったはな。著者はどう結ぶのか。

  • 武家に嫁ぐために、武家の養女にならねばならない。
    修行の日々が始まる。
    懸命に修行をするはな。
    はなの性格も受け入れられ、養女へと話が進むのだが。

    ある日、間違っているのでは?と疑心暗鬼に。
    ふらふらと神田へ歩くはな。

    どうなんだろ、分相応というところに話をまとめるつもりなのか?波乱を起こし、話を盛り上げようとするのか?
    少々、無理な話の展開なような気がしてしまう。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

高田在子

一九七二年、神奈川県横浜市生まれ。相模女子大学短期大学部国文科卒業。二〇一五年『忍桜の武士』(白泉社)でデビュー。著書に「はなの味ごよみ」シリーズ(角川文庫。全一〇巻)などがある。二〇年八月より「まんぷく旅籠 朝日屋」シリーズがスタートした。

「2022年 『まんぷく旅籠 朝日屋 しみしみがんもとお犬道中』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高田在子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×