はなの味ごよみ 花笑み結び (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.53
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 60
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041112588

作品紹介・あらすじ

神田の一膳飯屋「喜楽屋」で働いていた「はな」は、武家の結城良太の家に嫁ぐため、伊澤家に養子入りを請い、修養することになった。だが、「はな」にはやはり捨てられないものがあった──。涙の完結巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シリーズ10作目で完結巻。前回までは主人公の「はな」の身勝手さに読み進めるのが大変だったが、最後に来て盛り上がってくれた。
    武家に嫁入りするための修行を養家で行っていたものを、武家の生活は無理と逃げ出した「はな」を周囲は温かく迎え入れてくれる。夫となる予定の良太に説得され養家に戻り養父に激怒されるが、それは家族として迎え入れた親としての怒り。夫側の家族にも温かく対応され、グッと込み上げてくる。戻った先のご隠居さんの配慮で息子の商家のお勝手に勤めるが、これが奉公人含め本当に良い商家。居所の無くなった「はな」に最後は最高の場所を天は用意していた。
    終わりよければ全てよし。

  • 2022.07.14

  •  高田在子さんの「はなの味ごよみシリーズ」も最終完結第10巻です。「花笑み結び」、2021.12発行。百姓娘はなは結城良太に嫁ぐため、伊澤家で厳しい武家のしきたりを修行し、いよいよ武家の嫁にならんとする直前、伊澤家を飛び出し、岡田弥一郎に連れられ喜楽屋へ。めまぐるしい展開の最終巻。まずは骨を折ってくれた伊澤家、そして迎える結城家に対し、詫びる良太とはな。良太との縁はあきらめ料理の道を目指すはなを堺屋の隠居は堺屋の台所働きに。喜楽屋のおせいがはなに店とこはくをお願いと。店明けの朝、町人良太が料理人として。何事にも一生懸命の「はな」。そしてまわりの人たちがみんな素晴らしい。「はな」を(厳しくも)温かく見守る人たちばかり。最後の特別短編「弥一郎の味めぐり」は読者の弥一郎への気持ちに応えたものだった。

  • おいおい、、、黙って逃げだすか?、、、と
    なんとも気が滅入る前巻だったが。

    ケジメをつけなければ、ずっと後悔を抱くことになると、良太に諭されるはな。

    ケジメをつけて、堺屋の隠居の勧めで、ひとまず堺屋の台所の女中となる。
    おせいが倒れたことで、養生のため、休業をすることになった喜楽屋。

    さて、ここからは読んでのお楽しみ!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

神奈川県横浜市出身。相模女子大学短期大学部国文科卒業。日本児童文芸家協会会員。日本推理作家協会会員。『開花請負人 忍桜の武士』(白泉社)、『将軍家御鏡役‐鷹の剣』

「2022年 『味ごよみ、花だより』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高田在子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×