モノから学びます 今日がもっと好きになる魔法

  • KADOKAWA
2.83
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 78
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041112649

作品紹介・あらすじ

一人で暮らしはじめて、私はやっと私になれた

【「一日一章ずつ読んでる」「大好き」「読みおわるのが惜しい!」とSNSで感動の声!】

〈しゃもじ〉〈コーヒー〉〈アボカド〉…。身の回りにあるモノをみつめれば、自分をもっと好きになる。韓国で爆発的人気のイラスト〈モノ〉エッセイ!

【一日一章ずつ読んで下さい。何気ない毎日がきっとあなたも愛おしくなる。】
・傷ついた人間関係は、古い〈玉ねぎ〉の皮を剥くように癒やす
・〈しゃもじ〉を水に濡らすたびに思い出す、亡き祖父の教え
・食べ終わった〈アボカド〉の種を育てるということ
・二度目の〈コーヒー〉は、その日の体調に合わせて
・友人へのおみやげは〈すいか〉の種の気配り
・誕生日プレゼントだった〈オリーブオイル〉と〈生理用品〉
――貧しくても一人でも、日々の生活と向き合って、私はここ(ソウル)で生きていく。

自分を好きになるというのは決して簡単なことじゃないけれど
昨日の自分よりも今日の自分を
もっと好きになりたいという強い気持ちがあるはず。
日々の変化をモノを通じて感じることができたら。
そんなふうに、明日に向かって生きていきたいのです。(「はじめに」より)

一人で暮らしはじめて、私はやっと私になれた。――しゃもじ、コーヒー、アボカド。身の回りのモノに耳を傾ければ、今日の自分がもっと好きになる。読めば優しい気持ちになれる、ソウル発の大人気イラストエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 原題『사물에게 배웁니다』
    地に足のついた慎ましい暮らしぶりを感じた。著者のインスタも本の印象そのままで、人に見せるためのおしゃれな生活じゃなくて自分のための日常、という感じがしてよかった。イラストがふくふくしていてかわいい。


    “悲しいときでもおいしいものをおいしいと言うのが悲しく思える年齢になってきた”(p.95)


    “食用油は切れると買うのに、オリーブオイルが切れても買わないことを。生理が来ると生理痛よりナプキンの心配をしていることを、果物は毎日食べた方がいいとわかっていても、食費を考えてまず諦めるのも果物だってことを。”(p.80)

  • 物にも周りの人にも自分にも真心込めて接しているのが分かって、心が温かくなりました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

イラストレーター、エッセイスト。身近な日常の一瞬を絵に描き、文章にしたためる。紙の上に表現することも好き。著書に『パンを選ぶように暮らしたい』(2018)、『まだ、東京』(2019)、『今日の単語』(2021)などがある。

「2021年 『モノから学びます 今日がもっと好きになる魔法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

呉永雅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
宇佐見りん
チョ ナムジュ
ソン・ウォンピョ...
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×