無視し続けた強制力曰く、僕は悪役らしい。 上 (Ruby collection)

著者 :
  • KADOKAWA
1.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 13
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041112823

作品紹介・あらすじ

公爵家令息のアーシェルは、ある日変な夢を見て以来、幻聴が聞こえるように。曰く、ここがBLゲームの世界で、自分が処刑されてしまう「悪役令息」だという。――なんて話は右から左で、大好物のスイーツに熱中していたら、処刑フラグを折りまくり!? 爆モテ天才魔法騎士の義弟・テオドアと第一王子はいつの間にか火花を散らし、さらには対立候補の第二王子から婚約者候補に指名されて…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • しんどい。
    ダラダラ文章が続いていくのは好くない。
    視点が変わり過ぎて酔いそうだし、設定もブレブレで何の話なんだか...ってのが、個人的感想っす。
    下巻に手が伸びない.........

全1件中 1 - 1件を表示

パルメの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×