私立シードゥス学院II 小さな紳士と学院の謎 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.73
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 82
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041113059

作品紹介・あらすじ

休日、学院の同窓生たちが集うサロンに赴いた獅子王ら三人組。しかし一人のOBが大切な鍵束を失くしサロンは大騒ぎに。引率の寮監が「学院の卒業生ではないから」という理由で疑われたのを見た三人は――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2作目。続きが楽しみ。

  • 1年生3人組がやっぱり可愛い。連作短編の形だけど、各話が最終話の伏線になっていてなるほど、となった。寮長たちのキャラも少しずつ見えてきて、続きも楽しみ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

茨城県出身。芝浦工業大学工学部機械工学科卒業。1999年『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー。著作に、デビュー作を始めとする「薬屋探偵」シリーズ、「ドルチェ・ヴィスタ」シリーズ、「フェンネル大陸」シリーズ(以上、講談社)などがある。2019年5月に「うちの執事が言うことには」が映画化された。

「2021年 『私立シードゥス学院III 小さな紳士と秘密の家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高里椎奈の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×