三毛猫ホームズの茶話会 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041113226

作品紹介・あらすじ

BSグループ会長の遺言で、新会長の座に 就いたのは25歳の川本咲帆。しかし、帰国し た咲帆が空港で何者かに襲われた。大企業に潜む闇に、片山兄弟と三毛猫ホー ムズが迫る。 人気シリーズ第44弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 三毛猫ホームズシリーズ。長編やったけど、読みやすいしスムーズに読み進められた。
    片山刑事相変わらず血をみたら卒倒するとか。なで肩で優しい似た目は刑事にみえない風貌っていう描写、ホームズシリーズやったらよく出てくるよなー。
    石津さんはひたすら食べてるし、晴美に一方的に片想いしてるのはかわいいキャラしとる。
    咲帆のまわりで周囲の人が死んだり、盗聴されたりするのは気味悪いよなー。

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/756827

  • 相変わらずの三毛猫シリーズ.
    かつては一つも欠かさず読んでいたのだけど,実に30年ぶり以上に読んだシリーズは何と第44弾だとか!
    相変わらずの軽快なタッチは,サクサクとページが進んでしまうのだけど,30年経つと,登場人物の言葉が昭和初期だし,流石にちょっと色褪せたなぁと言うのが率直なところ.
    人物像を描く中で真犯人が浮かび上がる最近のミステリーに慣れてしまうと,カラクリが古臭い…大ファンだっただけに…ちょっと寂しい.
    とは言え,弱きを助け強気を挫く,勧善懲悪的作品はある意味貴重で,清々しく安心して読める.
    たまには…いいかな,これからも応援します!

  • シリーズ44弾です。
    片山兄妹とホームズの掛け合いが相変わらずです。 

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

「2023年 『三毛猫ホームズの用心棒』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×