三世代探偵団 枯れた花のワルツ (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 86
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041113257

作品紹介・あらすじ

天才画家の祖母、生活力皆無な母と暮らす女子高生の有里。祖母が壁画を手がけた病院で、有里は大女優・沢柳布子に出会う。彼女の映画撮影に関わるうち、3人はまたもや事件に巻き込まれ――。ユーモアミステリ第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女3世代、孫を中心にした探偵物語。
    孫と祖母は活躍するが平凡な母は役どころがない。
    1作目では母の気付きがストーリーの中にあったが、この2作目では本当に出番がないのが残念。タイトルに三世代とあるのに…。
    ストーリー自体は読みやすく、展開もテンポがよくて、赤川次郎作品の良さがある。

  • 女子高生の有里、マイペースな母・文乃、天才画家の祖母・幸代の三世代が活躍するシリーズ二作目。往年の大女優・布子が挑む映画主演作。しかし、その関係者に殺人容疑がかかり、布子の前にも怪しい男が現れて──。

    家族をテーマにしながら複雑に絡み合う人間関係。妻が殺されたエキストラ・戸河康士の事件を発端に、連鎖していく事件。闘病の中で女優の魂を燃やす布子に接触する昔の相手役・和田京介の思惑。家族の強さも脆さも綴られていく。家族であることが大切なんじゃなく、血よりも濃い絆もあるのではないだろうか。

    自分だけを守ろうとするほど、人間は醜く歪んでいく。家族を守っているようで、保身に過ぎない行動はどこかで行き詰まる。対照的な家族たちが描かれたものの、誰しも持っている弱さでもあり、そこが人間臭さのドラマを演出している。今回は有里と村上刑事のコンビが良い味を出しててよかった。

    今回もミステリというよりは、事件を取り巻く人間関係とドラマを味わう作品かなと。

    「一日遅れたら死ぬ」
    はずだった和田一郎だが、三日たっても生きている。
    当然のことで、金を借りようとする人間は、必ず、「切羽詰っている」ふりをしなければならないのだ。

    こういう言い回しがブラックユーモアを感じられて好き。

  • 2作目!キャラにも慣れてきて安定に面白かった

  • 「必要とされていること。それは生きるために欠かせないエネルギーだ。」
    一気に読んでしまいました。面白かったです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

「2022年 『過去から来た女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×