スケルトン・キー (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.30
  • (11)
  • (50)
  • (65)
  • (21)
  • (3)
本棚登録 : 701
感想 : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041113301

作品紹介・あらすじ

19歳の坂木錠也はある雑誌の追跡潜入調査を手伝っている。 危険だが、生まれつき恐怖の感情がない錠也には天職だ。だが児童養護施設の友人が告げた出生の秘密が、衝動的な殺人の連鎖を引き起こし……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「サイコパス」の帯と、「中野信子解説」の魅力溢れるパワーワードと、「道尾秀介がサイコパスなのでは」に対して納得の頷きと共に手にした一冊。

    恐怖心を感じない生まれ持ってのサイコパス、坂木錠也は、記者 間戸村の手伝いで芸能界のスクープを取ることにより報酬を得ていた。その際の危険を顧みない言動はクールでカッコよく映る反面、当たり前の感情を持たない彼に対して静かな恐怖心が湧いてくる。と、ここまでは前菜のようなもの。後に、自身の過去を知った錠也は、息をする如く当たり前のように殺戮を繰り返す事となる。

    面白かったが、一言で言うと肯定の意味ではないロマン溢れる作品だった。一言では終わらないが、サイコパスプロフィールをそのまま反映させたかの様な、完璧すぎる濃厚なキャラクター設定に首が傾く。こんなのに憧れた青い時期もあったなぁの親近感は湧くのだが、サイコパスからリアリティをとったらそれは本物のファンタジーだろう。幾分、昂りが抑制されてしまった節がある。
    とは言えこれは、個人的な湾曲が過ぎるひねくれた癖に合わなかっただけであり、逆を言えば全身全霊でフィクションを楽しめる物語だと感じた。

    恐らく「サイコパス」について徹底的に調べ上げたのだと思う。特徴を全てフル装備した主人公だが、これが「遺伝」の可能性があるとは興味深い。この「遺伝」の因果がもたらす結末と、終盤のサスペンス溢れるアクションシーンは短いながらも濃密で壮大、脳内酷使のお時間が訪れた事を察した。幸せタイム到来である。

    トリックも斬新で、漢数字の謎が判明した時は興奮でソファからお尻が浮いた。ついでに、ページをめくった直後の唐突な双子モナリザには純粋にビビってこちらもお尻が浮いた。

    しかし何が一番心に残ったって、砂山のパラドックスからのハゲのパラドックスだろう。
    「正しい仮定から論理的思考を経て間違った結論に至る」パラドックス。つまり、砂山から砂を一粒取り続けてもそれは砂山であり続けるが、いつか最後の一粒を取った時点で砂山の定義は崩れる
    といったこの事例にまさかハゲ頭を利用するとは。ハゲに髪を1本植えてもそれはハゲと。全ハゲを敵に回したであろう道尾秀介の時折見せるこの茶目っ気が大好きだ。

    内容はわりかし早い段階で薄れるだろうの嵌り具合だったが、どうやらここは気に入ってしまったみたいで、既に3人の知人にドヤ顔しながらこの話をしている。

  • サイコパスの大量生産! 狂気の血が織りなす冷酷ながらも悲しいサスペンスミステリー #スケルトン・キー

    児童養護施設で育った主人公は恐怖を感じない体質。いつも一線を超えてしまわないようにコントロールをしていた。しかし自らを不幸に陥れた復讐の正体がわかったとき、サイコパスの血がうずき始め…

    道尾さんはホントに小説がお上手。
    冒頭からいきなり派手なアクションとともに、強烈な人間性や背景の説明を一気にしちゃう。中盤も読者の不安を搔き立てることによって、もう読ませる読ませる。そして中終盤からの驚愕などんでん返し、さらには激しいアクション、そしてスケルトンキーとはいったい何なのか。
    決して長い話ではないのに、サイコパスのテーマ性も、エンタテイメント性も、重厚感もしっかりあり、しかも全体のバランスもとれている。そりゃ面白いっつーの。

    本作はなによりサイコパスの描写が凄い!
    サイコパスの心情描写、殺戮、暴れっぷりがリアルで怖いよ。

    そしてミステリー要素もさすがですよ。途中で例の怪しい点に気づいて、おおむねの予測は立てていたんですが、道尾秀介はそんなに甘くはありませんでした。でもこの伏線だけでは難しいよ~ く、くやしい。

    しかし悲しいお話ですな。
    物語なのでありえない話なんでしょうけど、生まれや家庭に恵まれない不幸はどうしたらいいんでしょうね。自分は専門家ではありませんが、話を聞いてあげることくらいです。

    テーマは強烈ですが、読みやすく初心者にもおススメできる?かもしれないミステリーです。面白かった!

  • 道尾秀介さんの作品はやっぱり面白いです。
    途中の違和感が気になりすぎて一気に読了。
    登場人物のサイコパス率が高すぎて笑ってしまいました。

  • ❇︎
    スケルトン・キー/道尾秀介

    『僕に近づいてはいけない。あなたを
    殺してしまうから』

    本の帯に書かれたショッキングで少し
    切ない言葉を読んで、ぜひ読みたいと思い
    手に取りました。

    完全に、恐怖を感じたことのない僕(=錠也)
    として読み進めていたので、後半でひかりと
    話す箇所でチラリと違和感を感じて、
    その可能性を想像しましたが、それまで
    全く仕掛けに気づきませんでした。

    それもダブルで驚かされました。

    いや、もっと前半まで遡るとトリプルです。

    スケルトン・キー=合い鍵
    この組み合わせがもっと早く、僕の前に
    現れてくれていたら、また違った物語が
    あったのかも、しれません、

    • NORAxxさん
      yoruさん、こんばんは^ ^
      私も本書 昨日読みました。マイナー作品が被るとなんだか嬉しい気持ちになります♪

      トリックが斬新でしたね。
      ...
      yoruさん、こんばんは^ ^
      私も本書 昨日読みました。マイナー作品が被るとなんだか嬉しい気持ちになります♪

      トリックが斬新でしたね。
      仰る通り、「僕」の未来に対して違う物語があったかと想像するといたたまれない気持ちになります。
      素敵なレビューをありがとうございました☆
      2022/04/03
  • 初道尾さん。
    向日葵の咲かない夏を積み上げて早何年。
    こっちをさきに読んでしまった。サイコパスが気になって。

    錠也はバイク便の仕事をしながら、副業で記者の手伝いをしている。危ない仕事をしながら、何とか心を落ち着けようとしている。彼はサイコパスだと自認している。
    ある日追いかけていた芸能人のスキャンダルを掴んで、収入を得た錠也は、自分が育った施設でいっしょだった«うどん≫と会う。
    彼は今服役していた父親といっしょに住んでいるのだそうで、その父親から服役した事情を聴いたという。それはスナックに銃を手に入り、中で店の用意をしていた女の人を撃ち殺したのだという。そしてその女の人の名前が錠也の母親の名前と同じだったことが気になって、会いにきたのだという。
    錠也は自分の出生の話を施設を出る前に園長先生から聞いていた。そしてその時に母を殺した男に抱いた感情は、母を殺した怒りではなく、自分に存在したかもしれない人生を奪った、という事実への怒りだった。そして彼は思った。もしもその男の居場所を知ってしまったら、自分は男を殺してしまうだろう、と。
    そして知ってしまった今、【彼】は行動を始めてしまう。

    文章がとても読みやすい。そしてサイコパスを描いているのに、この人の心の柔らかさが滲んで感じられる文章がよかった。
    どんでん返しの名手と聞いていたけれど、今回はそうでもなかったかな。他の作品も読もう。というか、今年の夏こそは、向日葵を読むぞ!

  • 未婚の母が妊娠中、散弾銃に撃たれて亡くなり、産まれた錠也は児童養護施設で育った。錠也は同じ施設にいたひかりと話す中で、自分はサイコパスなのだろうと自覚する。サイコパスは生まれつきのものか?遺伝するものか?それともそれは、変わることができるものなのか?

    ほああああああ最後まで読んだ後にもしやと思って初めの方に戻ってみたら、くっそー!最初から話の区切りの漢数字が入れ替わるたびにひっくり返されてるじゃないか!!気づかんかった!!もうなんか、鍵人は救いがないし、政田もうどんもアレなんだけど、錠也だけは踏みとどまる人だったから、変わることができる(もしくは変われなくとも一線を超えずにいることはできる)と祈りたいなあ。最後のお母さんの祈りが、本当に切なくて胸がギュッときた。最後の1ページが本当に好き。死にたくなかったろうなあ。この子達がどうか大丈夫でありますように、大丈夫だって前を見て生きていけますように、って、必死で祈ってたんだろうなあ。これを聞いて、母の言葉が少しでも本当であるようにと祈った錠也が、これからも踏みとどまりながら無事に生きていけますように。

  • 読んでるうちに気になり、一気読みしました。
    最後の方があんまりでしたけど、面白くできてるとおもいました。

  • サイコパスを自認している主人公による一人称視点で進む物語。
    途中で話の作りが分かって、なお読むのが止まらなかった。一気読み作品。

    主人公の幼い頃からの言動はぶっとんでるんだけど、その根底にあるのはサイコパスだから、じゃなくて、大人に自分を見てほしかったことだと、最後に気付くのが切ない。
    もし、母親が銃殺されることなく、母と双子一緒に青光園で暮らすことができていたなら。
    鍵人も錠也も、誰にも大切な人を奪われることなく、母と園の大人たちの愛情を受けて生きることができたのかもしれない。
    最後の母親の想いが、そんな未来があったことを想像させて悲しい。

    鍵人視点での続きを読みたい。

  • キレが悪い。
    それなりの動機がやっぱり欲しい。
    出来過ぎの母親だとも思ったし。

  • 一気読みをする中で、途中で章の文字反転に気づいたが、その時にはすでに作中でのネタバラシしている時だった。それまでは、気づかなかったわー。そこから、チラチラ見返して確かめてみた。そういう楽しみ方ができた。
    サイコパスと言っても、日常的には普通に生活している人がほとんどで、もちろん全員が殺人鬼ではない。この作品の中では殺人鬼率が高かった。
    サイコパスは恐怖心がないので、心拍数が上がらないというのは知らなかった。実際に心拍数を上げる薬を服用するのかは不明だけど。
    最後は殺人鬼同士の争いなので、読んでいて疲れた。

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

道尾秀介(みちお・しゅうすけ)
1975年東京生まれ。2004年『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー。2007年『シャドウ』で第7回本格ミステリ大賞、2009年『カラスの親指』で第62回日本推理作家協会賞、2010年『龍神の雨』で第12回大藪春彦賞、同年『光媒の花』で第23回山本周五郎賞、2011年『月と蟹』で第144回直木賞受賞。

「2022年 『カエルの小指 a murder of crows』 で使われていた紹介文から引用しています。」

道尾秀介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
N
道尾 秀介
知念 実希人
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×