梟の月 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.18
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 59
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041113332

作品紹介・あらすじ

過去の記憶を喪い、妖怪たちの住む世界で目覚めた私は、いつしか彼らと暮らすことになった。妖怪たちに乞われ、物を教える「先生」となり、個性豊かな彼らとの生活を楽しむようになる。だが、どうして私はこの世界に来なくてはならなかったのだろうか。いつも私の傍から離れないアオバズクは、何か知っているのか。ある日、烏帽子を被った一つ目の妖怪が私の前に現れ、二つの月に触れれば、元の世界に戻れるというが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読み終えてしまったのだが、・・・・
    最初は、妖怪たちが、出て来て、畠中恵氏のような話なのかな、と、感じてしまった。

    記憶を無くして、妖怪の住む世界へ迷い込んで人間の主人公。
    そして、知恵者のアオバズクの朋。
    この朋という字と2つの月との関わりが、・・・・複雑すぎて、元の世界ヘ戻れるのかどうか???
    そして、水の中で、溺れかかれるシーンが、何度も再現される。

    最後の解説で、細谷正充氏が、この本を絶賛しているのだけど、私には、読解力の乏しさか、少し理解不能な点が、多く、すらっと読んでしまったが、よく意味がわからずにいる。
    再度、機会を作って読むことにしようと、思っている。

  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50257660

  • 湖底の都/仮の宿り/腹北山/あやし夜/夢の通い路/
    梟の月

    不思議な感触。さっきも読んだよね?
    少し変化があるけど途中までさっきと同じだよね?
    私が変なの?自分が信じられなくなる……
    朋は本当はだれ?

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1984年東京都生まれ。國學院大學文学部史学科卒業。母方にトルコ人の祖父を持ち、名は、トルコ語で「強い、優しい、美しい」などの意。2008年、あさのあつこ、後藤竜二両氏が選考委員を務めるジャイブ小説大賞で、初の大賞を受賞しデビュー。著書に、デビュー作の明治人情妖怪譚『一鬼夜行』シリーズ、『夢追い月』をはじめとする「蘭学塾幻幽堂青春記」シリーズ、『うわん 七つまでは神のうち』などがある。

「2021年 『梟の月』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小松エメルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
宇佐見りん
ソン・ウォンピョ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×