おののけ! くわいだん部(1) (怪と幽COMICS)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041113400

作品紹介・あらすじ

「聞き手を恐怖のどん底にたたき落とし、怪談の魅力を広めるのが私達の使命…」

第二南高校「怪談部」の部員はたったの二人。だけど恐怖へのあくなき探求心は百人前!
怪談を集め、語ることに異常な情熱を燃やす部長・諸星まことは、怪談のためなら多少の危険は厭わない。
「古典怪談派」の後輩男子・熊野葉介を連れて、心霊スポットに行ったり、即身仏体験をしたり……。
切磋琢磨しながら「怪談を集め、語る」ことを追求する二人は、全国高校怪談選手権への出場を目指す!
押切蓮介入魂の学園青春ホラー&コメディ開幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 怖い話が載ってるのかと思ったら、蘊蓄本だった。

  • 怪談の構造や手法を学べる漫画。一応登場人物に名前はあるが、ほぼ作中で名前を呼ぶことはないため読後にキャラ名全く覚えていなかった。誰かに真名を呼ばれる事は呪にかけられることであり、怪談作品としてこれはある意味正しいのでは……なんの話だ。
    この巻で一番不可解で怖かったのは65ページの住職。何事もなかったかのように流されたけどこれいったい何がどうなったの……:;(∩´﹏`∩);:

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1979年生まれ。98年「週刊ヤングマガジン」に掲載された「マサシ!!うしろだ!!」でデビュー。著書に『でろでろ』『ゆうやみ特攻隊』『ピコピコ少年』『ぼくと姉とオバケたち』『プピポー!』『ミスミソウ』『ハイスコアガール』『暗い廊下とうしろの玄関』『狭い世界のアイデンティティー』など。

「2021年 『おののけ! くわいだん部(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押切蓮介の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×