前世を記憶する子どもたち (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 43
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041114179

作品紹介・あらすじ

世界各地から寄せられた、2000件以上の生まれ変わり事例を長年にわたって徹底的に調査。生まれ変わりを思わせる証言は本当に信憑性があるのか――。米国精神科教授による、衝撃の報告書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 長い。
    ん〜死後の世界があるという事を立証するってやっぱり不可能だと思う。
    ただ宇宙の真実が解明されていない以上、人間が知らないだけなのかもしれない。
    これを研究するって相当困難ではないか?
    個人的趣味ならともかく。

  • 生まれ変わりを科学する。本論を通じて読者に生まれ変わりを信じさせるのではなく、一理あると捉えてもらいたい、とする但し書きに、本書の客観性が凝縮されている。疑うべき点は疑い、分からない点は分からないと認め、徹頭徹尾、証拠に基づいて論考を進める。一見SFに近いテーマだけに、かえって科学的思考とは何か示されたような読後感だった。また一般向けの書なので興味を持たずにはいられないトピックが目白押し。生まれ変わりが真実なら、人口増に伴い「心」が足りなくなるのではないか、動物との間での転生は無いのか、死んでから新しい肉体に入るまではどこにいるのか、また調査結果において、なぜ生まれ変わるまでの間隔が短いのか、前世で不自然死したというパターンが多いのはなぜか等々、著者の解釈が読みどころ。今日「生まれ変わり」を信じると真剣に語れば、変な目で見られるのは避けられないし、個人的にも様々な疑問がある。ただ現在常識として受け入れられているあらゆる事も、過去のある時点では空想に過ぎなかった。たとえば100年前にタイムスリップして、あと20年ほど経てば一瞬で都市が消える武器ができる、と説いて誰に信じてもらえるだろうか。生まれ変わりを否定する人でも、意識・心(と身体・脳との関わり)の正体が分かっていない事実は否定出来ず、つまり我々はまだそれらを知らない。実証済みの理論をもって、尚説明し切れないところに、未知の世界(未来の常識)が存在するし、今見えているものだけが真理ではないと、探究心を掻き立てられるような一冊だった。

  • どうも話の内容が古いと思ったら、30年前の本だった。ちゃんと最後に書いてあった。じゃあ速読しても仕方ないという内容だった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

カナダ生まれ、アメリカ合衆国の精神病医である。1957年からヴァージニア大学精神科に在籍し、「前世の記憶を持つ子どもたち」の存在を知って、研究を始める。インドなど現地で調査した結果から研究・分析を行い、まとめた『前世を記憶する子どもたち』は世界中で反響を巻き起こした。最終的に世界中から2300例ほどの症例を集めた。

「2021年 『前世を記憶する子どもたち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イアン・スティーヴンソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇佐見りん
東野 圭吾
西加奈子
カズオ・イシグロ
米澤 穂信
朝井 リョウ
小野寺史宜
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×