大正幽霊アパート鳳銘館の新米管理人 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.55
  • (3)
  • (7)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 118
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041114278

作品紹介・あらすじ

人生行き詰まり気味な爽良に突如届いた祖父からの遺言状。そこには鳳銘館というアパートを譲ると書かれていた。大正時代の華族の屋敷を改築したレトロな建物、そこに入居していたのは奇妙な住人ばかりで!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • たどたどしい喋り方がうざい

  • 爽良が最初縮こまって鈍重な感じがしていたのですが、徐々に変化していって変われて良かったなと思います。周りに個性的な人が多くてそのやり取りも楽しい。

  • 爽良ちゃんもどかしかったけど、今までいろいろと抑え込んで来たんだろうから仕方ないか。
    礼央くんいい味出してるわぁ。
    続編楽しみにしてます。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

山口県出身。2011年『シミ。~純愛、浮気、未練、傷跡~』(宝島社)でデビュー。シリーズ作品に「丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。」「大正幽霊アパート鳳銘館の新米管理人」(角川文庫)、「神様たちのお伊勢参り」「さくらい動物病院の不思議な獣医さん」「神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん」「神様の棲む診療所」(以上、双葉文庫)がある。その他に『不良坊主と見習い女子高生の霊感メソッド 祀町オカルト事件簿』(KADOKAWA)、『リキッド。』(講談社)など著作多数。

「2022年 『大正幽霊アパート鳳銘館の新米管理人3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹村優希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×