夢で見たあの子のために (8) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA
3.63
  • (2)
  • (6)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 105
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041114582

作品紹介・あらすじ

一登の死期が少しずつ迫っている中、一登が残した「あの子」をターゲットにしているであろう「火の男」との駆け引きが始まった!一登だけではなく、自分たちと同じ思いをさせないために「あの子」も救いたいと強く願う千里。恵南たちとも一緒に改めて情報収集に奔走するが、そんな中、2人が予想だにしない出来事が起こる。まさか…あの人が!?急展開に次ぐ急展開、驚天動地な第8巻!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    一登の死期が少しずつ迫っている中、一登が残した「あの子」をターゲットにしているであろう「火の男」との駆け引きが始まった!一登だけではなく、自分たちと同じ思いをさせないために「あの子」も救いたいと強く願う千里。恵南たちとも一緒に改めて情報収集に奔走するが、そんな中、2人が予想だにしない出来事が起こる。まさか…あの人が!?急展開に次ぐ急展開、驚天動地な第8巻!!

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • ようやくタイトルが回収…!!

    と同時に、千里がようやく自分や周りの人たちを受け入れて前向きになれて…主人公になったなぁ、って感じ(じゃあ今までなんだったのか)。
    それにしたって相変わらず心理戦が複雑で理解が困難。
    結果が出てから読み返して、「あ、なるほど。ここだったのか」なんて思う事ばかりです。

    …そんな心理戦をふつーにやってる辺り、ホントに学生なの? 千里達(笑

  • 一登とその子供のビジョンを見た千里。
    あの子の笑顔に一登もきっと笑顔なんだろうな~と、
    泣けてくる。
    なんとしても二人を見つけ出す!と
    決意を新たに瀬島たちと今後の話合い。
    その後、瀬島とマスクマンの仲間の所に向かい情報交換するが
    マスクマンが持っていたのは
    元々千里が持っていたもだった!!
    誰が情報を盗んだのか?
    そして「一登の模倣犯」
    は千里たちが知る人物だったΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

    何が何だか……
    復讐のために手段を択ばない、
    ある意味逝っちやってる若園。
    先の展開が分からないのは面白い、
    どうなるんだろう?

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

北海道出身、千葉県在住。第40回「手塚賞」佳作。第41回「手塚賞」準入選。1995年「アフタヌーン四季賞 春のコンテスト」準入選。代表作は『カミヤドリ』(角川書店刊)、『鬼燈の島』、『魍魎のゆりかご』(スクエア・エニックス刊)など。

「2022年 『夢で見たあの子のために (10)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三部けいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×