夢で見たあの子のために (9) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA
3.80
  • (4)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 110
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041114599

作品紹介・あらすじ

自身の「復讐」という目的のために「火の男」の元相棒だった一登にすら協力を求める若園の暴走は加速し続ける…!警察だからできる、持っいてる情報暴露の影響が「火の男」以外にも飛び火して大きな混乱と騒動をもたらすことに!?そして一登の居所に関する手がかりを掴んだ千里が恵南と向かった先で起きたある出会いとは…?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 犯人が分かっていながらも、サスペンスがどの様に展開するか、ドキドキが高まってきた。ここから、加速しそうだ。

  • 【あらすじ】
    自身の「復讐」という目的のために「火の男」の元相棒だった一登にすら協力を求める若園の暴走は加速し続ける…!警察だからできる、持っいてる情報暴露の影響が「火の男」以外にも飛び火して大きな混乱と騒動をもたらすことに!?そして一登の居所に関する手がかりを掴んだ千里が恵南と向かった先で起きたある出会いとは…?

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 復讐のため一登に近づき共闘を求める若園
    しかし一登に断られその場面を恵南に見られてしまう…。 自分の手で復讐したい若園は暴走!!
    一方千里はコツコツと情報を集め
    一登の手がかりを掴む…が?
    若園も情報を集め千里と板倉の関係を知り、
    さらに警察が隠蔽してた事実を……

    復讐の為なら手段を選ばないマサ兄、
    板倉さんはいい味出してたのに…残念。
    マサ兄は後先考えてないので、
    ここまできたら何でもしてしまうよね。
    顔まで晒されて…Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
    いい迷惑なのが一登と千里だけど
    先の展開が分からないって面白い、
    どうなるのか?

  • 加東さん…!!

    油断し過ぎじゃないか、と思わなくもないのですが、まさに「逃げてー!!」って感じでした。
    もちろん善人じゃないんだけど、筋が通ったカッコいい大人だったので、ついそう思ってしまいますね。

    千里が皆のおかげで「正攻法」になっていくにつれ、救われていく人がいるけれど、傷つき、失われていくものもあって。…辛いなぁ(もちろん、千里が悪いわけじゃないのだけど)。

    若園、それをやって何か得られるものがあるのか、って思えてしまい、「あぁもう本当に壊れてしまってるんだな」と。
    …困ったことに、恐らく法では解決できないので…彼の結末がどうなるのか非常に気になります。


    …それにしても、「ホントだ。一緒だ。」で膝を折るの、流石に失礼では(その通りだけど(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

北海道出身、千葉県在住。第40回「手塚賞」佳作。第41回「手塚賞」準入選。1995年「アフタヌーン四季賞 春のコンテスト」準入選。代表作は『カミヤドリ』(角川書店刊)、『鬼燈の島』、『魍魎のゆりかご』(スクエア・エニックス刊)など。

「2022年 『夢で見たあの子のために (11)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三部けいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×