あの日、ぼくたちは (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041115206

作品紹介・あらすじ

『ウルトラQ』『ウルトラマン』『泣いてたまるか』の監督・飯島敏宏が自らの戦争体験をもとに、「少国民」と呼ばれた子どもたちの姿を鮮烈に描きだす、初の自伝的小説。


東京・本郷で生まれ育った弘は、悪ガキ仲間と毎日を謳歌していた。だが、戦争により日常は変わっていく。不気味な特高警察、姿を消した外国人の友人、代用品になったお菓子、軍国主義一辺倒の先生。そんな中でも、弘たちは未来を見ていた。しかし、1945年3月、中学受験のため疎開先から戻った彼らを襲ったのは、想像を絶する大空襲だった――。終戦後の混乱の中、自分たちの道を探そうともがく子どもたちの姿を描く、著者渾身の書き下ろし中篇「心に花を持って」も収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 父親と同じ年代で住んでいた所も近く。
    残念ながら父親からはもう話が聞けないので、この本を読んで子供時代を知りたかった。
    食べる物が無く、家は空襲で焼かれ、特高の話等の暗い中でも大変な事だけではなく楽しいと思える事もあったんだなと、父親の少年時代を思いながら読み進めた。
    幸せな時間もあったのなら良かった。

  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50268599

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1932年東京生まれ。慶応義塾大学文学部英文科卒業後、KRT(現在のTBS)に入社。演出部に所属する。63年、円谷英二率いる円谷特技プロダクションに映画部所属の監督として出向、『ウルトラQ』の監督を担当する。『ウルトラマン』(66年)や『ウルトラセブン』(67年)などのウルトラシリーズ、『怪奇大作戦』(68年)などの脚本と監督を務める。70年、木下恵介プロダクションに出向し、会長職を経て、現在はフリー。著作に『バルタン星人を知っていますか?』がある。

「2021年 『あの日、ぼくたちは』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯島敏宏の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×