涙雨の季節に蒐集家は、 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.89
  • (6)
  • (7)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 161
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041115268

作品紹介・あらすじ

京都での大学生活に心折れ、故郷の北海道に戻ってきた青音(あおと)。伯父の急逝に合わせて旭川を訪れるが、そこは幼い頃に美しき殺人者に出会ったトラウマの残る場所。そしてその人と再会し……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 正直に言いますが、イラストが好み。
    それだけで図書館で借りました 笑
    しかし、めちゃほろりと泣ける。
    主人公が少しずつ成長し、立ち直っていく様と
    彼に家族の様な暖かさと安心感をくれる
    職場の同僚たち。
    素敵な物語です。
    謎もまだ残されたままで
    続きが気になります。
    これは購入決定です!

  • 文庫書き下ろし

    櫻子ロスの読者に新たなシリーズ?
    ぞわりとさせる冒頭の恐怖の記憶シーンは、まだ謎のままだし。

    好きだった伯父の葬儀と遺品整理のために久しぶりで旭川に来た主人公青音は、遺品の窃盗、傷害事件に巻き込まれ、葬儀社の望春と双子の紫苑に助けられる。
    青音は大学を休学して葬儀社で働き、正太郎と櫻子さんの関係を思わせる年上の望春たちの家に同居し、死にかかわる仕事のストレスで毎日紫苑のカウンリングを受けるのだが、その目的は希有な成分の青音の涙を採集することという、奇妙なもので、しかも、青音が旭川に長く来られなかった子供の頃の恐怖体験の原因が紫苑で、二人ともそれが分かっていながらその謎は明かされない。

    今回の謎解きは伯父の5千万の遺産の受取がからむ「伯父の一番好きな食べ物」という問題だったが、これには青音の出生の問題も絡んでいた。正解するけどこれは揉めそう。

  • 面白く読んだけど、タイトルに文章が追いついてない感じがしてちょっとだけ残念。

  • 地元の風景を思い出しながら読むと、非日常ではない誰かの話のような気がしました
    青音の遺言書の答え、涙が出ました
    続きがとても待ち遠しい

  •  青音は頑張って入った京大を休学し、故郷の札幌へ戻ってきた。そんな時、幼少期に可愛がって貰っていた伯父の訃報を聞き、葬儀の為に旭川へと赴く。だが、そこは青音にとってトラウマの街で…

     遺品整理士の望春と双子の弟の紫苑との出会いが、閉ざされていた青音の心に徐々に訴えかけていくのが前向きになれて良かったです。でも、トラウマの元凶である紫苑の存在はまだ謎のままなので、続編あるのかな?
     遺品整理の見習いとして遺族と関わるのは、かなり辛そうですね…

  • えーー、結局、あの時そんなに幼い青音を恐怖させたものってなんだったの???本の裏には「殺人らしき」って書いてあるけど、本文ではそんな描写は見当たらなかったような気がする。(読了後にその記載を発見して改めてチェックしたけど分からなかった)
    シリーズ化で今後明らかになるの?
    まさか、宗太郎くんってことはないよねぇ。
    青音くん、涙腺が緩いことはともかく、やけに性格があれだなぁ。
    涙をコレクションする紫苑もちょっとよくわからない。
    それはともかく、青音が遺品整理士見習いとして様々な経験をして成長していく(であろう)様子には興味があるので、続編があるなら読んでみたい。
    望春が櫻子さんの親友ということなので、あちらからの登場もあると嬉しい。

  • 泣き虫の青音が、大学を休学して始めたのは……。どうしても櫻子さんと比べてはしまう。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

小説投稿サイト「エブリスタ」で作品を発表。2012年、「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」で、E★エブリスタ電子書籍大賞ミステリー部門(角川書店)優秀賞、怪盗ロワイヤル小説大賞優秀賞、E★エブリスタ×『カルテット』小説コンテスト大賞の受賞歴がある。

「2022年 『涙雨の季節に蒐集家は、 あなたがくれた約束』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太田紫織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
知念 実希人
知念 実希人
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×