崖っぷち長屋の守り神 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.22
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 46
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041115329

作品紹介・あらすじ

『どんなもんでも百の料理 にします』という珍妙な商売で暮らしを立てる千夏は、道で男に絡まれているところを兜小路梅王丸に助けられた。梅王丸が家守をする長屋に案内され、彼に百の料理を作るが──。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『どんなもんでも百の料理にします』の幟を掲げ、担ぎの商売をする千夏は、酔っ払いに絡まれ、大事な商売道具を台無しにされた。梅王丸が家守をする貧乏長屋で、美味しそうな料理を次々と作り上げる千夏。だが、長屋の明け渡しを迫る男たちが現れ、その中には、彼女の父の仇の姿が―。(e-honより)

  • 江戸時代のなかなか変な?変わった商売が、あるものだと、感心する。
    最初の出だしが、天満の八軒屋の昼船から、西町奉行 新見正路が、新任する。
    そこに登場するのが、又もや、面白い風貌の梅王丸なる戦国武将のような男。
    半家という言葉も初めて知る。
    1話は、料理こまち 千夏の料理の腕前。
    じゃりんんこちえ だったか、そんなイメージの大阪弁で、小気味よい話ぷり!
    貧乏長屋でも、和気あいあいさが、にじみ出る。
    2話は、将棋の 誰にでも負けたる屋という商売!
    勝っても負けても、駄目な勝負にどうなるかと、思いながらも、上手いアイデァで長屋側の勝ちに!
    紀州の若様まで、成長して、勝負だけでなく、精神的に逞しい若様になっていた。
    これはシリーズで、続くのであろうか?
    表紙を見て、本の中の登場人物のイメージが膨らんだ!(笑)

  • 面白かったけど、
    また新シリーズか!

  • 田中さんの本は、かなりのペースで発刊されていて、好みのパターンとそうでないものがあるけど、こちらは久しぶりに好みのパターン。鍋奉行犯科帳シリーズ寄り。ああ、鍋奉行も続編でないかしら。

  • 梅王丸の豪快さが気持ちいい。
    料理小町(!)の千夏ちゃんも健気で、気が強いのが素敵。料理の腕がぴか一なのも魅力だし。
    梅王丸の長屋のみんなの個性的で楽しい。
    さすが、珍商売をしてる人を集めただけのことはある。
    料理勝負も将棋勝負も絶体絶命に見えるところからの一発大逆転。
    最後の、あの人のあの台詞。
    ドラマで有名なあの人からいただいたわねw
    これは、シリーズ1作目。人物紹介の巻という感じなので、続きを楽しみに待つ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1962年大阪府生まれ。神戸大学卒業。93年「凶の剣士」で第2回ファンタジーロマン大賞佳作入選、短篇「落花する緑」で「鮎川哲也の本格推理」に入選しデビュー。2002年「銀河帝国の弘法も筆の誤り」で第62回日本推理作家協会賞短篇部門を受賞。ミステリー、ホラー、伝奇と様々なジャンルで活躍し、時代小説では「鍋奉行犯科帳」「浮世奉行と三悪人」などのシリーズなどがある。

「2023年 『貧乏神あんど福の神 秀吉が来た!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中啓文の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×