起死の矢 大江戸定年組 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041115367

作品紹介・あらすじ

身分を超えた絆で結ばれた藤村・夏木・仁左衛門の3人組は、隠居を機に隠れ家の〈初秋亭〉でよろず相談を始めた。珍妙な事件に振り回される日々のなか、夏木が中風の発作で倒れてしまう。意識がもどらないまま、初秋亭には何も盗らない不気味な押し込み事件の相談が持ち込まれ……。身体の不調に、できの悪い息子たち。悩みの絶えない男たちの“いぶし銀の青春”を描く時代小説。書き下ろし掌編「夏木権之助の猫日記」特別収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2007年4月二見時代小説文庫刊。書き下ろし。シリーズ3作目。新たに書き下ろしの夏木権之助の猫日記(三)招福猫探しを加えて2022年1月角川文庫刊。夏木権之助の猫日記目当てですが、本編も面白い。さすがの風野さん作品です。

  • おー、回復が早い!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

かぜの・まちお
1951年生まれ。’93年「黒牛と妖怪」で第17回歴史文学賞を受賞してデビュー。主な著書には『わるじい秘剣帖』(双葉文庫)、『姫は、三十一』(角川文庫)『大名やくざ』(幻冬舎時代小説文庫)、『占い同心 鬼堂民斎』(祥伝社文庫)などの文庫書下ろしシリーズのほか、単行本に『卜伝飄々』などがある。『妻は、くノ一』は市川染五郎の主演でテレビドラマ化され人気を博した。2015年、『耳袋秘帖』シリーズ(文春文庫)で第4回歴史時代作家クラブシリーズ賞を、『沙羅沙羅越え』(KADOKAWA)で第21回中山義秀文学賞を受賞した。「この時代小説がすごい! 2016年版」(宝島社)では文庫書下ろし部門作家別ランキング1位。絶大な実力と人気の時代小説家。本作は「味見方同心」新シリーズ・潜入篇の第5作。



「2022年 『潜入 味見方同心(五) 牛の活きづくり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

風野真知雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×