虚談 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.33
  • (2)
  • (15)
  • (19)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 271
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041115411

作品紹介・あらすじ

小説家の「僕」は、人からよく相談を受ける。ある同窓生は「13歳のときに死んだ妹が、年老い、中学の制服を着て現れた」と語った。だが僕の記憶と奇妙な食い違いがあり――。常識を覆す全9篇の連作集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「嘘でした」と急に言われても、一体どこから嘘なのか、わからなくなるときがある。この本は、そんな嘘の範囲の曖昧さを巧妙に描いた、短編集である。

    あまりに嘘が多過ぎてしまうと、いったい全体この本の内容は、読む価値があるのかしら、と思ってしまうが、そこで読む手を止めることなく進んでいただきたい。

    嘘である、前提をもとに、ではどこからどこまでは本当の話なのか、と考えながら読むことをお勧めする。

    とはいえ、この作品はフィクションだから、全て嘘といえば嘘なのだが…。

    京極夏彦氏の本を初めて読んだが、なかなかに難しい表現があって面白い。日本語の表現力の可能性を再び、三度感じさせる。

  • すべて三文字のカタカナタイトルが付けられた怪談集。

    「レシピ」が本書の華麗なる嘘の世界を開く。
    スイートポテトにココナッツミルク。
    言葉だけの印象では何も怖くない。
    そして出てくるおばけも怖いわけではない。
    それより怖いのは、どこまで妄想なのか、どこまで真実なのか、そっちの方だ。

    「クラス」も、同じく虚実ない混ぜの物語だ。
    妹を失ったクラスメートの話のはずだったのに、そもそもの前提を全てひっくり返される。

    「キイロ」も子供の遊びから始まる怪しげな物の存在。
    子供の頃はなんとなく見よう見まねで拝んでみたり、あるいは恐れてみたりする。
    大人になるに従ってそれが信仰に変わり…ということを考えると、目に見えぬものに対する畏怖という、原始宗教の始まりを思わせる(解説でも同様の指摘がある)。

    これは全部嘘ですよ、と言われても、それ自体が嘘なのでは、という迷宮に入るような物語。
    著者の語り手としての力を感じられる短編集である。

  • ・京極夏彦「虚談」(角川文庫)を読んだ。これは、「もしかしたら。(原文改行)今、見聞きしているこの現実らしきものこそーー。(原文改行)嘘なのかもしれないのだし。」 (143頁)といふ「クラス」の最後の文章に集約されるのかもしれない。帯には「この現実はすべて虚構だ」とあり、カバー裏には「この現実と価値観を揺るがす連作選。」とある。表現は悪いが、語られる内容が現実であるのかどうかが分からない物語といふことであらうか。例へば安部公房はとらぬ狸とかデンドロカカリヤ、S・カルマとかを使つて「この現実と価値観を揺るがす」やうな作品を書いた。ところが京極はSF的な要素や幻想文学的な要素は排除する。物語はあくまで生々しいのである。安部公房は労働者階級を描いた。京極にもはや労働者はゐない。階級闘争をするわけではない。言ふならば身の上話をしてゐるだけである。ここに時代と作者の志向性、嗜好性の差がある。京極もここまできたかと言ふべきであらうか。
    ・本作は9編の連作と付録1編からなる。「クラス」は「妹が来んねん、と御木さんは言った。」(115頁)と始まる。「俺の妹はもうおらんねん」「もうーーって御木さん」(117頁)といふことで御木さんの身の上話となる。その妹の制服姿、死んだ中学校の制服を着た、年取つた妹の姿を最近見たといふ。そこで郷里の石垣島へ供養に行く、といふあたりから話は佳境に入る。いや現実から外れていく。妹はゐないはずなのに、御木さんは死んでゐるはずなのに、同窓会名簿に名前があるはずなのに、似顔絵を描いてゐたはずなのに……結局、「存在しない男の幽霊が、存在しない妹の幽霊に怯えていたということになる。」(142頁)これを「馬鹿馬鹿しいことこの上ない。」 (同前)と言ひ切れるかどうか、あるいは、そんなことはあり得ないなどと書くと、これは作者の掌中に捕らへられてしまつたことになるのであらう。だからといつて、これをそのまま受け入れるのはなと思ふ。読後に違和感が残る。これが作者のねらひかもしれない。ならばこれは見事に成功してゐる。他のも同様である。この次に「キイロ」 が来る。「もう四十年から前の」(147頁)中学校での出来事である。その中学にはいはば裏道があつた。そこにキンゴロー様といのふを、秘密に、祀る(まねをしてゐた?)連中がゐた。それを知つてからちよつといたづらをしてみたら……それが現実的に祟りをなしてゐるらしい。「黄色くて。(原文改行)片足がないって。」(165頁) さうしていろいろあつた後、最後は「まあ、嘘だこれ(中略)何もなかったんだわ最初から。」(174頁)といふことになる。それが収まつてから「僕は釈然としなかった気がする。(原文改行)すぐに忘れたけれど。」(175 頁)となる。読んだ方はこれは一種の怪談話だと思つてゐるが、当の主人公、いたづらをした人間は、それゆゑにか、却つて釈然としないのである。これは「クラス」と逆になりさうである。嘘かもしれないと釈然としないは同義であるのかどうか。釈然としないのは裏が分かつてゐるからであらう。だからそんなをかしなことあるかといふので ある。それが読者には一種の怪談話と思へる。もちろん裏が分かってゐるからである。黄色男は単なる噂でしかな い。しかしそれは本当に単なる噂かといふのがこの主題であらう。嘘かもしれない。ならばここにどんな嘘が隠されてゐるのか。「そう言われてもなあ」(174頁)といふのはいたづらをした人間の偽らざる気持ちであらう。これもまた「この現実はすべて虚構だ」といふことの一つであらうか。その小説はもちろん虚構で……。

  • 面白かった。内容は然る事乍ら、語りが面白かった。地の文の語りも、会話文も自然と頭に入ってくる。どことなくワクワク感があると同時に、クスリと笑えるような面白さがあった。話を読み終わる度にタイトルが頭に浮かんできた。嘘と真実との境界が曖昧になり、本当に現実と価値観が揺らいだ。

  • 全部嘘の話であると書いてある。

    ナッちゃんと呼ばれたりしているから、作者とおぼしき主人公が出てくる。
    どれも本当のことに思える。
    でも、小説って嘘のことを書いてあるのは普通である。
    でもリアルがそこはかとなくあるような気がする。
    とくに気に入ったのは『クラス』というはなし。
    デザイン系の学校のクラスメイトの石垣島出身なのに関西弁の御木さんは主人公より10個くらい年上、相談されて飲みに行く。死んだ妹が会社にいる、なんなら家のなかにもいると言う。しかし御木さんには妹などいないのだった。それは妹ではないと話をする。別の日のイラストレーターの個展でクラスメイトの久米田にあう。そこで御木さんのはなしをする。久米田は御木さんは7年前に死んだという。樹海で首をつったという。電話もしたのに電話番号を書いたメモもない。御木さんの写った写真を探す。入学したときにもらった名簿も見る。そこにも御木という名前はない。御木というひとは存在しないのだ。久米田は存在しないひとの葬式に出たという。

    面白くないわけないですよね、このはなしが。
    すべて嘘なのか、本当はどこにあるのか。ここにこうやって存在している自分だって本物かどうかなんてどうやって証明できるのか。
    考え出したらいちばん好きな感じのはなしだった。

  • 題名から「虚」と書かれているので、嘘なんでしょうけど、1話目の最終行に「嘘」と書かれていてあっけにとられました。まんまと物語に嵌っていますが、その不安感を楽しめなかったです。

    嘘を主軸にした作品だと分かっていても、整合性のない不安定なお話を、楽しむ技量がなかったです。自分では思いつかない視点から繰り出される部分は、面白かったと言えなくもないですが、結局は自分で理解できる範疇のお話が好きなんだなと思いました。ま、そりゃそうか。私には、難しかったってことです。

  • どれも、何とも不思議な話である

  • 「談」シリーズ(と言うのかな…?)は作品ごとに肌に合う合わないの差が私は激しい。

    虚談は面白かったなー。
    短編集だけど、それぞれは実は連作になっていて、最後の一行で今までの話を覆したり、読者をちょっと不安にさせたりする。

    明確な答えを欲して小説を読む人には勧められないけど、ふわっとした掴みどころのない話が好きな人は嫌いではない小説だと思う。

  • 短編の連作、という性質だからかもしれないが、好みの話とそうでない話が混在している印象。怪談として怖い話と怖くない話が混じった百物語を聞いているような感じのまま、読み終えてしまった。
    長編シリーズと違うところは、それぞれに繋がりがないから、もやもややしたままになったのかな。個人的には、長編の方が好きである。

  • 嘘だと分かってて楽しむはずのホラーが、「まあ嘘なんだけど」と最後に付け足されることによって何故だか不安になる。嘘か真実か、足元がぐらつく感覚。何がどうなってる?と思ってる間に終わる。
    『レシピ』のっけから一番怖い。スタンダードな怪談にどんどん足されていって、何がなんだか分からないうちに終わる。
    『ちくら』結局何も解決しない。タイトルが何なのかさえ不明。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

京極夏彦
一九六三年生まれ。九四年『姑獲鳥の夏』でデビュー。九六年『魍魎の匣』で第四九回日本推理作家協会賞(長編部門)、九七年『嗤う伊右衛門』で第二五回泉鏡花文学賞、二〇〇三年『覘き小平次』で第一六回山本周五郎賞、〇四年『後巷説百物語』で第一三〇回直木三十五賞、一一年『西巷説百物語』で第二四回柴田錬三郎賞を受賞。他の著作に『数えずの井戸』『死ねばいいのに』『虚談』『ヒトごろし』「書楼弔堂」シリーズ、「京極夏彦の妖怪えほん」シリーズ、『遠野物語remix』、『地獄の楽しみ方』などがある。

「2022年 『遠巷説百物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

京極夏彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×