ファイブスター物語 16 (ニュータイプ100%コミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.19
  • (18)
  • (16)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 294
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041115701

作品紹介・あらすじ

ダイ・グとクリスティン・Vの前に現れた少女は何を語るのか? 一方、ラキシスとその仲間たちを、謎の勢力が襲撃! 時間と空間を超越した想像を絶する戦いのなかで、藍色の髪のラキシスがその力を振るう!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  藍色の髪のラキシスが出てきてうれしいんだが、あとはよくわからない展開。まあラキシスに新しい手下ができてたのは良かった。

     人間の世界、異次元の世界、高次元の世界、神々の世界とあって、更にその上に「永野護の世界」があるということだな。

  • 3037年のラキシス。
    ショウメとの、ダイ・グやクリスとの出会いから、突如の展開。
    異次元、時空を超えた世界。現れたヴィーキュルたちや神々。
    藍色のラキシスは彼らと、どう対峙し、語るのか。
    マジェスティック・スタンド Act4 Stage3
         スプラウト・ソング-ショウメ争奪戦
    第6話 インサートエピソード 運命のラキシス7444
         ショウメ争奪戦~大君主バフォメートのまなざし~
         ジョーカー星団55億年後
    カラー口絵、SLEEVE NOTEは豪華。ジョーカー太陽星団年表。
    人間世界の彼らの事情と動向の後は・・・ヴィーキュルたちや
    アンカー、神々、そのしもべ、異世界の生命体がごそっと登場!
    未来からの訪問者までいるし~。
    一気に様々な何だこれわからん?が解消されたような~謎が
    深まったような~な、怒涛の展開でありました。
    ま~藍色のラキシスは強いし、宝石の謎も判明。
    神々の戦いまであるんだから、まさしくおとぎ話なんだな~。
    今後の展開への布石もあちこちに散りばめられていて、
    何度も読み返しそうな、お得な内容でした。
    何んと言っても、連載が粛々と続き、新刊が出たのは、喜び。
    デザインズも来年辺りには出るような、感じ。
    あとは、著者が元気でいてほしい!

  • この巻は全体としては「わけがわからない」ですw ですが、訳が分かった部分もあります。一般の漫画や小説でしたら、伏線が張られていて後に回収されるものですが、ファイブスター物語の場合は先に結果を見せられて、後からどうしてこうなったのか明かされる事も有るようです。

  • わ け が わ か ら ん

  • いよいよ「ショウメ」争奪戦にはいる今回。ラキシスの強さにビックリしてしまいます。個人的には争奪戦にはいる前の、ダイ・グとクリスティンのエピソードが好きです。切なすぎるー。

  • 書店で見かけてつい買ってしまった。
    相変わらず1度読んだだけでは全く理解不能。おまけに今回は後半怒涛の超展開で最終回だと言われても納得のめちゃくちゃな内容だった。
    1986年連載開始だから子供時代にスタートして35年?! 完結できない漫画と言われる本作も、こうして自分が中高年と呼ばれる年齢になって読んでみると見え方が全く違う。これは主人公の成長物語のようなストーリーではなく、「世界」そのものを永野先生が創り出し、そこで暮らすさまざまな騎士の人生の場面場面が、切り出されて並べられているものといった風に捉えられる。歴史年表の中からランダムに作られる大河ドラマと全く同じ。だとすると、もういつ完結しても良いというか、ファンはあとどれだけ名ドラマが見れるかを楽しむだけなんで心配することは何も無い。
    それにしてもオリジナリティってこの作品のためにある言葉かもしれん。

  • そうだった。つねづね作者が言ってるとおり、これほおとぎ話なのだった。

    だから、モーターヘッドがゴシックメイドに変わっても、それは作者の気まぐれでは無く、神々の仕業なのだ。

    どんな不条理なことがあろうとも、神が自らの創造世界をいじってるだけで何もおかしいことなどないと、そんな公式設定。

  • おかしい…この頃定期的にFSSが発刊されている…(笑)

    相変わらず色々な国やら組織やら宇宙やら別次元やらの人が入り乱れて大変なことに。でもポーターがかっこいいのでまぁいいか。それにしてもデコース?デコーズ君がやり込められていたのが愉快。エストもマスター楽しそうって…それはイヤミか?(笑)
    という訳で今度ちゃんと、ちょっと前の巻から読み返そうと思いました。

  • ぶっ飛びすぎ。。

  • ●ファン投票だと、エストとかクローソーとかが上位に来がちな気がするんですけどねえ。気のせいですかねえ。
    ・・・・・・だがしかし本作の正ヒロインはラキシス姫様やからな!? 昔からのベテランファティマだろうが最近のぽっと出女子だろうが関係ないからな!!? 
    そこんとこ夜露死苦やで!!!!(白目)

    ●つうわけで本巻はラキシスが無双するおはなしです。6巻あたりでもかましてた気はするが(ウロ覚え)、今回は更にゴリゴリマッチョです。さすが神様のはしくれだ。はしくれではない。
    まあ登場する皆さんがしあわせそうだから何でもいいです。よか。

    ●ところでこのシリーズは、そろそろNT本誌と同サイズのA4変型判でも発行していいんじゃないですかね。 
    20世紀から単行本を購入してる中高年としては、コマの内外問わず細かい文字が読みづらくなりつつあるのです。シアン夫人のお喋りとか論外。
    当初からこのシリーズを読んでるファンなんて、ある程度歳を喰ってる≒まあまあ購買力が(たぶん)ある連中なんだから、需要はあるんじゃないんですかねえ。どうなの。 




    ……ああ本誌を買えってことですね? でも紙の塊は空間及び生活を圧迫するんだよなあ……処分するの苦手なんですよねえ………………。

全16件中 1 - 10件を表示

永野護の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×