やり直せるみたいなので、今度こそ憧れの侍女を目指します! (角川ビーンズ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.14
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041116180

作品紹介・あらすじ

未来を知る『時渡り』の力で国に尽くしてきた子爵令嬢・エマは婚約解消の翌日、15歳の過去に戻ってしまう。
2度目の人生、国の犠牲になるのはもう終わり! 幼い頃の夢・侍女になると決心したエマの前に現れたのは、隣国の謎多き公爵・グレン。
「俺は無駄なことはしない」冷たい言葉とは裏腹に、優しく触れてくる彼に惹かれるエマだけど、彼はある「秘密」を抱えていて――。
魔法のiらんど大賞2020小説大賞特別賞受賞作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 侍女になりたかったのに、希少な力を持っていたことでその夢を諦めたエマ。時が戻ってからのエマを見ると、1回目の人生は我慢ばかりだったのが伝わってくる。自分が本当にやりたいことも、自分の気持ちも口に出せなかったのだから。侍女を目指すと決めてからのエマは、心から楽しそうで見ていて嬉しくなる。読みながら、グレンがこの「やり直し」にどう関わっているのか気になって仕方がなかった。ぶっきらぼうだったり、口が悪かったりしてもエマのことを考えているのは伝わってきて、2人の遠慮のないやり取りが楽しかった。

  • 悪くは無いが、私的には物足りなさがあったかな。あとがきで直接的な言葉が無くても溺愛とわかる話が書きたいってあったけど…言われりゃまあわからんくはないが…分かりにくいし物足りない。ヒロインも何か好感があんま持てな感じだったしなぁ。後半読んでて、あれ?これ続くのかな?と思いきや、急にササッと終わるし。想いが通じ合ってからの話も短いし、あのエピローグいる?書くなら侍女としてお嬢様とのやりとりと、ヒーローとのイチャラブを書いて欲しかった。

全2件中 1 - 2件を表示

一分咲の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×