怪奇小説集 共犯者 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.22
  • (0)
  • (7)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 93
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041116388

作品紹介・あらすじ

霧深い冬のリヨンで実際に起きた、不可解な殺人事件をもとに綴る「ジャニーヌ殺害事件」。夫の死を無意識に願う妻の内面に、じわじわ恐怖を誘われる「共犯者」。屈折した女の復讐心を精緻に描く「偽作」。骨董品蒐集に取り憑かれた人間の狂気を皮肉な筆致で描く「憑かれた人」など、9篇。著者ならではの鋭い観察眼で、人間の深層心理の陰影を描く秀逸なミステリー集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もっと奇妙な話とか怖い話とかを期待してたけど違った。実は伏線あったりするのかなあ。

  • 面白かったです。

  • 怪奇小説集と銘打ってるものの、実際は人間の心の暗さや闇をえがくようなサスペンスというほうが近いかな。
    強かな女性が多く出てきた印象。

    一番好きだったのは『偽作』。
    こういう女性は私は大好き。驚きもあって良かった。

    『ジャニーヌ殺害事件』、『共犯者』、『娘はどこに』あたりも好き。
    ジャニーヌ〜はかなり胸くそ悪い話ではあるけど…。

  • 辛辣である。心が痛くなったが、緻密な心理描写はさすが。怪奇小説というほど怪奇ではないが。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

一九二三年東京生まれ。慶応大学仏文科卒業。リヨン大学に留学。一九五五年『白い人』で第三十三回芥川賞を受賞。一九六六年『沈黙』で第二回谷崎潤一郎賞受賞他、数多くの文学賞を受賞。主な著書に『沈黙』『海と毒薬』『恋愛とは何か』『ぐうたら生活入門』『宿敵』等多数。

「2022年 『怪奇小説集 恐怖の窓』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠藤周作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
宇佐見りん
澤村 伊智
アンソニー・ホロ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×