脳科学捜査官 真田夏希 ストレンジ・ピンク (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.42
  • (2)
  • (8)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 115
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041116562

作品紹介・あらすじ

神奈川県茅ヶ崎署管内で爆破事件が発生した。捜査本部に召集された心理職特別捜査官の真田夏希は、SNSを通じて犯人と接触を試みるが、犯人は正義を掲げ、連続爆破を実行していく。人気シリーズ書き下ろし

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前作が2編編成という形だったので、それで終わりかと思いきや、あっさり新刊が出た。
    しかも、織田と上杉の過去の序章から始まるという形で。新章突入なのか、これまでの事件より、少し事件自体が社会派となっており、かもめ★百合の出番も少なめ。
    茅ヶ崎や藤沢で連続して起きた爆発事件。
    実的な被害は少ないものの、犯人がSNSで犯行声明を出した為、夏希にも捜査本部への参加要請がされる。
    どこで事件が起きても、所轄も含め、登場人物が変わることのない、このシリーズ。
    なので、捜査本部に突如現れた、夏希の秘書を買って出た捜査一課情報係の真夕の存在は最初から違和感…
    ラストまで読んでも、予想通りの展開で、何故そこまで犯人に気付かないのかが謎。
    ラストで、再度織田と上杉のやりとりが登場。
    どうやら、2ヶ月続けての発刊らしいので、何かしらの続きが読めるのだろう。
    事件の描き方が甘い今作だが、ついつい読んでしまう…

  • 事件自体は大きなものでもなく、犯人も序盤でわかりました。事件も街中ではなく比較的郊外なので普段と少し異なりました。犯人への夏希の声かけ等、不覚にも泣いてしまいました。

    序章と終章の織田と上杉のやりとりがとても気になります。次作がとても楽しみです。

  • ネタばれになっちゃうかもしれないですが、今回は犯人が割と序盤で分かってしまいました。今作では横浜の都市部を離れて、割と田舎が舞台となります。身近な場所も出てきたりして楽しかったです。

  • 序章での織田と上杉が訪れた函館、次の作品で書かれている様で早く読みたいです。

  • 新しい展開に向けて、ということだろうが、なんかあっさりすぎかな

  • 茅ヶ崎でおきた人的被害のない小規模爆発。SNSで正義を掲げる犯人とSNSのプロバイダーで判明する人物。ただ、心理職の真田的にはそこにギャップがある。心理的な面で追う真田とプロバイダーから迫る加藤刑事たち。二面から追う展開はやっぱり面白かった。
    また、犯人が内部犯っていうのは、次回以降の織田と上杉にかかわりのある「かりな」に繋げたかったからなのかもしれず、とっても楽しみ。

  • シリーズ9作目。前作で外国の諜報機関とのバトルに巻き込まれるスケールの大きさを見せたのでどうなるかと思ったら、スケールダウンして旧作の暖め直しのような作品に成っていたので残念です

  • 06月-12。3.0点。
    真田夏希シリーズ。農家の端などで連続爆破事件。けが人は出ないような場所ばかり。
    候補地にはある共通点があり、夏希が発見するが。。

    260頁と短め。途中から真犯人が結構わかりやすく。

  • 今回も夏希は格好良くて素敵

    犯人とのチャットでのツッコミは流石でした

    プロローグとエピローグで、織田と上杉が、夏希とは関係ない会話。次巻への思わせぶりかなぁ

  • 楽しかったです。次が楽しみです

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年東京都生まれ。中央大学法学部卒。2014年『私が愛したサムライの娘』で、北方謙三氏、今野敏氏、角川春樹氏の全選考委員満場一致により第六回角川春樹小説賞を受賞しデビュー。同作で15年に第三回野村胡堂文学賞を受賞。著書に『エスパーニャのサムライ 天の女王』「おいらん若君 徳川竜之進」シリーズ(双葉社)、『鬼船の城塞』「影の火盗犯科帳」シリーズ「SIS 丹沢湖駐在 武田晴虎」シリーズ(角川春樹事務所)、「脳科学捜査官 真田夏希」シリーズ(KADOKAWA)、「謎ニモマケズ」シリーズ(祥伝社)、『斗星、北天にあり』『警察庁ノマド調査官朝倉真冬 網走サンカヨウ殺人事件』(徳間書店)、「神奈川県警『ヲタク』担当 細川春菜」シリーズ「多田文治郎推理帖」シリーズ「令嬢弁護士桜子」シリーズ(幻冬舎)、「刑事特捜隊 伊達政鷹」シリーズ(小学館)、『風巻 伊豆春嵐譜』(早川書房)がある。

「2022年 『おんな与力 花房英之介【四】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳴神響一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×