ドクター・ホワイト 心の臨床 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.70
  • (9)
  • (22)
  • (20)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 258
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041117859

作品紹介・あらすじ

高森病院の診断協議チーム「DCT」の一員として数々の誤診を明らかにし、幾人もの命を救ってから早数年。臨床研修医として高森病院へ戻ってきた白夜。かつての仲間との再会、そして待ち受けていたのは――

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 驚異的な診断能力を持つ美少女・白夜が高森総合病院に帰ってきた。

    白夜が将貴の前に現れてから早6年。港医科大学医学部の4年生になった白夜は、1ヶ月の病院実習のため古巣・高森総合病院に戻ってきた。DICの一員に復帰した白夜は、さっそく研修医の誤診による医療事故を防ぐ活躍を見せ、「患者の心に寄り添う」医療にもチャレンジする(白夜はその特殊な生い立ちが原因で他人の感情の機微をなかなか理解できない)。そして白夜は、高森総合病院を舞台に行われつつある巧妙な医療犯罪と対決することになる。

    ご都合主義的な展開が多かったが、それなりに楽しめた。この作品、元々リアリティを追求してないし、白夜の揺るぎない診断力によって病気が快癒し事件も解決していく過程は安心して読み進められるからいい。

    朝絵の問題も解決したし、このシリーズはこれで打ち止めなのかな。

  • ドラマ化されてない3作目。戸籍もない白夜がすんなり医学生になれてることは全く素通りで、でもまあ先の展開としては面白い。今回の事件の背景はもう一つ不明瞭であるようには思うが。まだ、根本的な事件は解決しておらず、逃亡中の人もいるとのことで、まだ続くってことなんだよね・・・

  • 水樹先生が何考えてんだかよく分からない、ちょっともやもやな結末でした。

    好評につきシリーズ第三弾、なんでしょうが、これって単純に白夜のスーパードクター(医学生だけど)ぶりを楽しんでいればいいんだっけか?と思っていたら最後に高森勇気先生が登場して、まだ白夜出生の秘密に絡む積み残しがあったことを思い出した。

    ということは更に続巻があるのだろうけど、ちょっと展開引っ張り過ぎなんじゃないだろうか。

  • 医大生となり病院に帰ってきた。そこからのお話。
    危うく、羊の皮を被った狼にやられるとこだったわ。

    トモエも治って良かったし、みんな治って良かった。

  • シリーズ第3作。出会って6年、前作から5年後、港医科大学に合格し5年生となった白夜が実習生として高森総合病院に帰ってきた。深夜にアル中で救急搬送されてきた初老のバーテンダーが翌朝急変し、診断を下した当直の研修医に「それ、誤診です」と言い放つ白夜。
    今回は白夜の並外れた診断能力で隠された未発覚の事件を謎解く。別々の話しが1本の線となり繋がり、前2作の白夜の成長物語よりミステリ感が強い。もちろん白夜が患者に寄り添う新たな成長も微笑ましい。
    まさかの誤診に胸が熱くなる。心温まる医療ミステリ。
    ★★★★★ 5.0

  • 一気読み

  • 白夜が朝絵に寄り添う姿が感動をそそる。

    海江田は悪魔に魂を売りかけたけど、
    根は誠実な人なんだろうなと思えた。

    またしても白夜の天才的な診断がいくつもの奇跡を生む。
    朝絵の件も、到底現実とは思えないような。
    手術をしてALS様の症状が劇的に改善するものか、とも思う。。

    とはいえ、誤診により失われた時間は、ある。
    朝絵は40歳になってしまっていた。

    医師は絶対的な存在と思いがちだけど、医師も人間。間違えることもある。

  • 3話で完結かと思っていたが、結局大きな謎(組織について)は未解決なままなので、もしかしたらまた続編があるのか?
    コロナの話も出てきて比較的最近書かれた話なんだなと思った。
    朝絵の病気が大きなキーとなっている割に、手術シーンはかなりあっさりだった。
    続編も楽しみ。

  • スイスイ読めます。面白いです。
    ラスト、意外でした。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年東京都生まれ。漫画原作者、小説家。コミック原作の代表作に、天樹征丸名で『金田一少年の事件簿』、安童夕馬名で『サイコメトラーEIJI』、姉・樹林ゆう子と亜樹直名で『神の雫』などがある。ワインへの造詣が深く、フランス政府より芸術文化勲章を受勲した。著書に『ビット・トレーダー』『陽の鳥』『リインカーネイション 恋愛輪廻』『クラウド』『東京ワイン会ピープル』などがある。

「2021年 『ドクター・ホワイト 心の臨床』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樹林伸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
知念 実希人
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×