異世界居酒屋「のぶ」 (13) (角川コミックス・エース)

  • KADOKAWA
3.74
  • (6)
  • (10)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 229
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041118177

作品紹介・あらすじ

再び「のぶ」を訪れた東王国の密偵・ジャン。自国の王女摂政宮・セレスティーヌが帝国皇帝とお見合いをした店でもある「のぶ」には何かがあるに違いないと、探りを入れようとするが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 登場回数は多くないけど、意外にお気に入りな密偵のジャン・フランソワ・モーント・ド・ヴィニー(笑)しのぶちゃんに以前来た人だって見破られてから動揺が、かなり面白いです。元上司であったセレスが来てからは、笑いが止まりませんでしたwセレスさんがショートケーキが好きなのは、やっぱり女の子なんだなーって感じがします。報告書がただの食べログ記事で(笑)密偵より記者になったら良いと私はずっと思ってますw
    また新キャラが出てきましたね。のぶの新たな試み、仕出し弁当がここまで凄いのは驚きました。一人一人弁当の内容が違うので、事前に把握してたのか!?って感じです。彼も常連になりそうwそして、無自覚に商人である彼に売り込んでるハンスのお兄さん!お兄さんももっと有名になって、メガネを布教して欲しい。お兄さんも意外にお気に入りのキャラクターです。

  • ■書名

    書名:異世界居酒屋「のぶ」 (13)
    著者:蝉川 夏哉 (原著), ヴァージニア二等兵 (著), 転 (デザイン)

    ■感想

    こなれてきたからか少し絵柄が変わって、キャラクターが幼くなっている
    気がします。
    出来れば、戻してほしい・・・・

    内容は、中盤まではいつもの面白いのぶですが、後半がなかなか驚きの展開です。
    ショーユをめぐり、重大な出来事が起こりそう。
    ここら辺は次巻が楽しみです。

    絵柄、何とかならないかな~

  • ムム❗️なぁ

  • おっと、新展開…!
    醤油の行方はどうなることやらと思ってたけどあっちから来てくれそう…?

  • 読了

  • 【あらすじ】
    再び「のぶ」を訪れた東王国の密偵・ジャン。自国の王女摂政宮・セレスティーヌが帝国皇帝とお見合いをした店でもある「のぶ」には何かがあるに違いないと、探りを入れようとするが…。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 物語の舞台背景がほとんど分かっていないから、美味しそうだな、ってくらい。

全8件中 1 - 8件を表示

ヴァージニア二等兵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×