ただの屍のようだと言われて幾星霜、気づいたら最強のアンデッドになってた (1) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041118245

作品紹介・あらすじ

ダンジョンで力尽きてしまった冒険者・ジオン。死んだはずだった彼だったが、アンデッドとして2度目の生を享受することに。どんな魔物も一撃で殲滅させる不滅の存在になった彼は気づけば世界を掌握する存在に!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  わたしの六月はゾンビ月間なので取りあえず押さえておいたそれっぽい作品を手に取る。
     コミュ障の冒険者がソロで依頼を遂行中死亡。
     その時、偶然が重なりアンデッドとして甦り、その偶然の効果で無敵レベルになっていた譚。
     無自覚無双物といってしまえばそれまでだが、この凝った背景は割と好き。
     死を願う主人公、災害レベルのモンスターでありながら、困っている人は助けずにはいられない。
     けれど、コミュ障なので誤解が誤解を生んで…。
     時々分かりにくい描写が挟まれるのが気になったけれど、後々解る伏線なのでしょう。

全1件中 1 - 1件を表示

絢瀬あとりの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×