カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています5 (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.86
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041118627

作品紹介・あらすじ

後輩・真由との“お試し交際”を経て、心の距離が近づいたように感じる梅雨の季節――
そんな俺と親友・彩華の前に、彼女たちの中学時代のバスケ部副将・戸張坂明美が現れる。
「仲良いねーほんと。君らやっぱ付き合ってんの?」
気安く冷やかす明美に、どこか塩対応な彩華。
バスケサークルのマネージャーとして馴染み始めた真由にも、なにやら関わりがあるようで……。
「過去を共有して、精算して。それで先に進めることもある。……私はそう信じる」
明かされたあのクリスマスに繋がる過去と因縁に、親友として、先輩として――今の俺にできることは。
ちょっと大人の青春ラブコメ、自覚と再出発の第五巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • イラストの雰囲気が変わった?

    明美の性格が悪すぎだな。そこまで深く踏み込めず、冷めた性格だったとしても当時の彩華を責めるのはお門違いだし、私怨で勝てたかもしれない大会を台無しにしたのは許せない。

  • ちゃんと話をまとめて進めていくには必要なエピソードだったと思うけど、当初の主題からずいぶんズレてきてるなという印象でした。小悪魔な後輩どこいった。

  • 後輩・真由とのお試し交際を経て、とりあえず距離感が近づいた二人だったが、悠太の親友を自認する彩華姉さんが黙っちゃいない(笑)
    さらに新キャラ・戸張坂明美がその場をかき乱す……という展開

    真由と彩華と明美の関係を語る中で、彩華・真由は自分の気持ちに向き合い再確認
    結果、彩華姉さんの正式参戦が決定しました(笑)
    ますます結末が予測できなくなってきたなあ

    なお今回は礼奈の出番はかなり少な目
    あとイラスト見てて思ったけどみんなの胸、大きすぎじゃない?

    【以下再読のための備忘】
    ・「うわぁ……男子のツンデレって先輩が思ってるより需要ないですよ……」
    ・「……たまに頭撫でてくれるくらいで大丈夫です」
    ・「……どうせ別れるのになあ」
    ・「すげえ大切だって思ってる。これからも変わらない。だからまあ、一方通行になりようがない。あとーー」
    ・「私は今の自分が好きよ。今の自分のほうが好き。そう思えてるのはーーあんたのおかげかな。そんな今の私を、志乃原さんは嫌悪してる」
    ・この木々たちが、春には桜を満開に咲かせていることを。私は、知っているんだ。
    ・「私、あんたが隣りにいてくれてよかった」
    ・彩華姉さんのぐぬぬ…イラスト(笑)
    ・「二の腕が良い感じ」「あはは、変態」
    ・「は!?肘で興奮したことないわ!」
    ・「いくわよ、悠太」……それは呼ぶたびに高鳴る胸を自覚したくなかっただけ。

    【内容:アマゾンから転記】
    あんたの隣は、譲れないから。明かされる彩華と真由の過去、自覚する恋心。

    後輩・真由との“お試し交際”を経て、心の距離が近づいたように感じる梅雨の季節――
    そんな俺と親友・彩華の前に、彼女たちの中学時代のバスケ部副将・戸張坂明美が現れる。
    「仲良いねーほんと。君らやっぱ付き合ってんの?」
    気安く冷やかす明美に、どこか塩対応な彩華。
    バスケサークルのマネージャーとして馴染み始めた真由にも、なにやら関わりがあるようで……。
    「過去を共有して、清算して。それで先に進めることもある。……私はそう信じる」
    明かされたあのクリスマスに繋がる過去と因縁に、親友として、先輩として――今の俺にできることは。
    ちょっと大人の青春ラブコメ、自覚と再出発の第五巻!

全4件中 1 - 4件を表示

御宮ゆうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三河 ごーすと
三河 ごーすと
三河 ごーすと
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×