江戸落語奇譚 始まりと未来 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041118795

作品紹介・あらすじ

大学2年生の桜木月彦は、青野の活躍を見るうちに、自分がやりたいことを見つけたくなってきた。今回の相談は、落語家さんがお世話になった人を招待しようと店を訪れたが、なぜか仲が険悪になってしまい――

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 月彦くんのトラウマ和眞くんは、その当時もっとフォローできることが山ほどあったんじゃないかと、月彦くんのフォローにももっと頭を使ってやれよと腑に落ちない気持ちだけども。まぁわだかまりがとけてなにより。

  • 一作目がとても面白かったので、続けて読了。

  • 突っ込みどころ満載

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

3月28日生まれ、神奈川県出身。『江戸落語奇譚~怪異には失礼のないように~』で第6回角川文庫キャラクター小説大賞優秀賞を受賞。小野じゅん改名。

「2021年 『江戸落語奇譚 始まりと未来』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥野じゅんの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×