要塞都市アルカのキセキ 結晶世界のキズナ (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.87
  • (4)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 92
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041118825

作品紹介・あらすじ

謎の少年・ミコトに導かれ、再び要塞都市アルカに戻ってきた遊馬(ユマ)。
しかし人々が逞しく暮らしていた都市の下層部は、
人体を晶石化してしまう星晶石(せいしょうせき)に侵され荒廃していた。
愕然とする遊馬は、懐かしい仲間、レオンとステラに再会する。
レオン達と共に上層に向かった遊馬は、
人体の晶石化を止める薬の研究者・ドミニクと出会う。
そして彼の共同研究者が、遊馬の事故死した父親だと知り……。
絆きらめく異世界転移ファンタジー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 途中、本当に星晶石を受け入れるのが正しいのかと考えてしまった。それほどに人が星晶石に侵され死んで、リュミエールさんが自然過ぎた。

    リュミエールさんが一番怖いなと思った。
    そしてムラクモ隊長がかっこよかった。
    ミコトは何かを見つけれたら良いな。

    異世界では無くて遊馬とレオン達は遠い異なる星の住民だということが分かって本当に良かった。

  • 一旦また一区切りつきます。
    ミコトとヤシロとはまたどこかで助け合うために再会できそうですね。
    ミコトが他の街でも星晶石を集めて太陽が見えるようになれば、ワクチンが行き渡れば最悪な状況は止まりそうですが、まだ一波乱あるのでしょうか。ナナシは本当にもう帰ってこないのでしょうか。続きが気になります。

  • 再び辿り着いた地は荒れ果て。
    融合し生きていく事は現実逃避に近く、根本の解決にならず逃げ道とされるだけだろうな。
    自身の身に起きてから初めて知れた事なのだろうが、もう少し早く知れれば良かったのでは。

  • プリーステス・ユマ・リターンズ/
    ファザー・イズ・ネームレス/クリスタル・プラネット/
    EPILOGUE

    アルカに戻ってきたユマ。星晶石に侵された世界で出会ったナナシはいったい……

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

作家

「2023年 『怪談都市ヨモツヒラサカ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蒼月海里の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×